2017年06月11日

市長選、市議補選告示

 市長選挙、市議補欠選挙(定数1)が告示され、市長選挙には4人、市議補選には6人が立候補した。市長選挙は前回同様、現職の松戸徹氏と西尾憲一氏の一騎打ちの様相だ。
 市長選挙では、4候補とも重点政策として、子育て支援政策を掲げてるいる。現職の松戸徹氏は、スクールソーシャルワーカーの配置や児童相談所の開設を掲げ、西尾憲一氏は学校給食の無料化を掲げ、薮内好氏は高校までの授業料や医療費の無償化を掲げ、門田正則氏は公教育の完全無償化を掲げている。待機児童のゼロをめざすことは4候補とも共通している。
 優先順位はあるにしてもいづれの施策も実現しなければならない課題だ。

 西尾氏の松戸徹との大きな違いは、西尾氏が公務員給与と民間との間にある格差を是正するため公務員給与の削減を主張していることだ。
 しかし、格差は民間の中でも大企業と中小零細企業の間で、正規社員と非正規職員の間で大きな格差がある。公務員でも職員の30%~40%を占める非正規職員と正規職員の間では大きな格差が存在している。
 公務員給与については、人事委員会が従業員50人規模の民間企業の正規社員と比較して給与水準を勧告している。
 同一労働、同一賃金の考え方や、健康的で文化的な生活を維持する給与であるためには、公務員給与を削減するのではなく、企業の大小や正規・非正規、公務員・民間問わず、すべての働く方々の給与を従業員50人規模の民間企業の正規社員と同じ水準にすることこそ必要なことだ。
 西尾氏は保守護憲を標榜しているが、残念ながらそのことを理解していない。

 共産党推薦の薮内氏は、松戸氏に対し「メディカルタウン」(海老川上流開発)構想550億円は「豊洲」問題と同質で同根と批判している。
 しかし、550億円はメデカルタウン構想の事業費でもないし、開発のためにこれだけの市税が投入される訳でもない。550億円は医療センターの建て替え事業費である。
 約334億円(旧計画の試算)の事業費は実施主体の土地区画整理組合が負担し、市は77億8千万円を助成する。その他に医療センターの建て替え用地取得に80億円、新駅建設には50億円かかるが、費用負担は決まっていない。
 批判するのは構わないが正しい数字をもとに批判すべきだ。
 議会では特別委員会を設置し、海老川上流まちづくりについて調査・研究しているが、私の知る限りでは共産党がこのような批判をした記憶はない。

 DSC_1019 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

高根台地区社会福祉協議会総会

 今日、高根台地区社会福祉協議会第18回総会が開催された。高根台地区社協は、発足する前から「たすけあいの会」などの活動を市内で先駆けて実行し、その後の各地の地区社協の活動のモデル的な存在であった。
 しかし、高根台地区はその核であった団地の建て替え事業で大きく変貌し、建て替えから取り残された1865戸に住む高齢者にとっては安心して住み続けられるかどうか大きな課題となっている。
 また、総会議案書の中では「在宅介護を続ける家族からの訴えは理想とは程遠い現状があります」と指摘している。
 こうした厳しい状況の中でも「地区社協のモットーである、いつでも夢を 笑いを忘れず地域ぐるみの連携を図っていきます」と山下栄子会長は開会の挨拶を述べた。

 DSC_1004 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:02| 千葉 ☁| Comment(0) | 地域のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

市長候補者の応援

 今朝は、日大前駅で市長選挙候補者の政策リーフレットの配布の手伝い。
 今朝は北習志野駅と2ヶ所でのリーフレット配布の連絡があったが、北習志野駅は、民進党関係議員や地元の公明、保守系議員などが参加するはずなのであえて日大前駅前に参加した。
 案の定、議員は私だけで、候補者の関係者と3人で配布したが、他の駅に比べると多くの市民がリーフレットを受け取ってくれた。
 夕方からは、地元で通信号外地元版を配布。外で井戸端会議をしている人も多く、挨拶しながらの配布となった。中には市長選挙のことも話題になり、私たちが「陰ながら応援している」候補者について話をする場面もあった。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:24| 千葉 ☀| Comment(0) | 日々の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

国鉄分割・民営化から30年

 国鉄の分割・民営化から30年が経った。国鉄の分割・民営化に反対して闘った闘争の経験と教訓を生かす団結まつりが京成労働会館で開かれた。
 団結まつりの第1部では、解雇撤回闘争を闘っているJAL争議団、全国一般FAユナイテッド分会、埼玉医科大学不当解雇撤回を闘っているユニオンネットお互いさま、中央学院非常勤講師の労働契約法20条裁判闘争などの争議団からの報告があった。
 第2部ではよさこいソーランなどのアトラクションが披露された。昔懐かしい面々と交流を深めることができた。

 DSC_0999 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:09| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

医療センター、医療事故で和解成立

 今日、市立医療センターから、平成27年5月1日に同センターで行った全身麻酔による子宮摘出手術術後、病棟へ帰室した際に、心肺停止となり低酸素性脳症で植物人間となった患者との間で、和解が成立したとの報告があった。
 外部の有識者を含めた医療センター医療事故調査委員会から「心肺停止については、原因は特定できなかたっが、心肺停止の認識及び胸骨圧迫(心肺蘇生)の開始が迅速に行われたとは言えない」との指摘を受け、医療センター側はミスを認めて成年後見人と和解の話し合いを重ね今年5月12日に和解が成立した。
 和解内容は、約7,700万円の和解金(延滞金を含む)の支払いと患者の終生の入院看護を自己負担無し(無料)で引き受けるというものだ。
 「胸骨圧迫(心肺蘇生)の開始が迅速に行われたとは言えない」との指摘は高度な救急救命医療を看板にする医療センターとしては、初歩的なミスと言わざるをえない。事故再発防止に努めてほしい。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 19:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

市議補選は衆院選の代理戦争

 浦田秀夫通信の号外(地元版)を昨日から配布始めた。今日も涼しくなった夕方から地元で配布した。外に出ている人には挨拶をしながらの配布だ。
 配布の先々に、6月18日投票の市長選挙と同時に行われる市議補選(定数1)に立候補が予定されている自民党県連女性局長のチラシが、自民党千葉県4区の衆議院候補(前回落選)のチラシとセットでポスティングされていた。
 市議補選には8名ほどが立候補の準備をしているが、事実上民進党候補と自民党候補の一騎打ちだ。民進党候補は、野田元首相との二連ポスターを市内に張り巡らしているが、市議補選としては異例の熱の入れようだ。
 市長選挙では、自民、民進は現職候補を応援しているが、盛り上がりに欠ける市長選挙と裏腹に市議補選は衆院選の代理戦争としてヒートアップしている。
 自民党と安倍首相の支持率の高さをバックに、民進党王国と言われている船橋市で一矢を報うことができるのか、民進党が王国を死守することができるのか興味深々だ。
 それはともかく、市議補選の盛り上がりが市長選挙の投票率上昇に結びつくことを期待したい。

 もう一枚チラシが入っていた。地元自民党市議の市政報告会の案内で、週末に松が丘公民館で開催される。市政報告会には応援弁士として、自民党衆議院候補と松戸徹市長が弁士として参加することになっている。
 自民党市議に負けないよう明日からも地道に通信の配布をすることにしよう。

 今朝は、津田沼駅で、現職市長のリーフレット配布の手伝い、午後からは4市複合事務組合臨時議会に出席。臨時議会では、第2斎場建設工事請負契約議案や補正予算が審議され、全回一致で可決された。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:54| 千葉 | Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

高根台団地自治会第60回総会

 昨日、高根台団地自治会第60回定期総会に招待され出席した。
 高根台団地は、建て替えによってすっかり住環境が変わってしまった。新しく建て替えられた棟がある一方で、老朽化が進む建て替え対象とならなかった棟。民間に払い下げられた余剰地にはマンションや一戸建て、大型ショッピングの出店、大病院や高齢者施設も建設された。
 変わったのは住環境でだけでなく、家賃改定(値上げ)のルールも変わり、これまでの3年毎の一斉値上げから、契約日から2年を経過した住宅毎に家賃を引き上げる方式に変更された。
 また、URは「UR賃貸住宅のストック再生・再編方針」により、収益本位の団地削減、統廃合を目指している。
 こうした中、自治会は「住まいと暮らしを守る砦」として「住まいは人権・住まいは福祉」をスローガンに活動を展開している。これからも住民が安心して住み続けられる公団住宅をめざして頑張って活動してほしい。

  DSC_0990 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 08:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 地域のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

母の三回忌

 今日、母の三回忌を鋸南町の真宗大谷派の寺院福蔵寺で執り行なった。
 母が亡くなって2年、兄弟、子供、孫たちと改めて母に感謝し冥福を祈った。
 お土産に房州びわを買ってきました。
posted by 浦田秀夫 at 22:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 訃報・追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ふなばし三番瀬環境学習館を視察

 7月1日オープンのふなばし三番瀬環境学習館を視察した。
 ふなばし三番瀬海浜公園の旧温水プール棟を改築し、三番瀬の魅力を体験しながら、親子で楽しく学べる施設となっている。
 環境学習館は、知る・考える・学ぶの3つのゾーンで構成され、三番瀬の自然や歴史などをテーマにした展示物や体験コーナーが設置されている。
 また、三番瀬の野鳥を観測できる展望デッキや芝生広場も整備された。
 施設整備に当たって、私たちは三番瀬に生息する多様な生物や東京湾漁業の歴史、三番瀬が果たしている水質浄化機能など、市民が三番瀬の自然や歴史を学ぶことによって、三番瀬保存の必要性やラムサール条約登録への機運が高まるような施設にすることを求めてきた。
 ふなばし三番瀬環境学習館がそのような学習の場になることを期待したい。

 IMG_3483 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:04| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

西伊豆宇久須温泉のバスツアー

 21日〜22日に浦田秀夫と市民の会主催の西伊豆宇久須温泉のバスツアー。
好天に恵まれ、和気藹々と楽しい旅であった。

 IMG_3446.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:57| 千葉 ☀| Comment(0) | 後援会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする