2009年05月25日

北朝鮮の核実験は許し難い行為

 北朝鮮による25日の2度目の核実験に、世界中が怒りを向けた。オバマ米大統領が、核廃絶への道を歩み始めた直後の「希望」に対する背信行為だからだ。広島と長崎の被爆者たちも、「誰も止められないのか」などと憤る一方、「今こそあの時の体験を伝えなければ」と誓いを新たにした。(毎日JP)
 被爆者のみならず、世界の核兵器廃絶をめざす人々にとって、北朝鮮の核実験は許し難い行為である。
 先月の北朝鮮の「ミサイル」発射について、私たちは、軍事を外交カードとする「瀬戸際外交」によって、北東アジアの軍事的緊張を高める北朝鮮の姿勢を容認することはできないと発射の中止を求め厳しく批判して来た。
 「ミサイル」発射が日本のミサイル防衛にお墨付きを与えたように、北朝鮮のこれらの行為は、核先制攻撃や日本の核武装をめざす勢力にその口実を与えかねない。
 
posted by 浦田秀夫 at 22:10| Comment(0) | 国際政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする