2013年12月10日

みんなの党が分裂

 みんなの党の江田憲司氏ら衆議院8人と参議院6人が離党届を出し、みんなの党は結党から4年で分裂した。 
 報道によれば、江田氏は「みんなの党は政界再編を原点に持つ。渡辺氏は、党の存続自体が自己目的化し、あわよくば与党化しようとする。歌を忘れたカナリア。もはや将来はない」と渡辺代表を批判した。
 特定秘密保護法を審査した参院特別委の小野次郎氏は「渡辺氏から『黙って自民党の方につけ』と言われた」と暴露し、林宙紀氏も「渡辺氏と直接話した時『今後は自民党渡辺派のような形でいく』と発言した」と批判。
 特定秘密保護法をめぐっては、各地で地方議員の中からも離党者が出ている。
 「特定秘密保護法反対の意見書」に反対した船橋市議会会派、みんなの党は「今後は自民党渡辺派のような形でいく」ことになるのか。

 みんなの党を離党したメンバーは新党を結成し、維新の会や民主党の一部と野党再編を目指すとしているが、これらの野党勢力は、自民党と政策的には大きな違いはない。江田氏は「特定秘密保護法自体は賛成。内容に不十分な点がある」としている。維新の会は、最初に自民党との修正協議に動き、安倍首相と橋下代表の関係は緊密だ。
 これらの野党は特定秘密保護法、集団的自衛権の容認、国家安全保障基本法、憲法改正では共通の土台に立っている。
 新自由主義と憲法改正(解釈改憲・明文改憲)に対抗する野党勢力の結集は、リベラル、穏健保守、社会民主主義勢力などを結集するものではなくては自民党1強に対抗できない。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 09:58| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

特定秘密保護法案の廃案を訴え、駅頭宣伝

 特定秘密保護法案の衆議院での強行採決に抗議し、参議院での廃案を訴える駅頭宣伝を午後1時から津田沼駅北口で、午後3時から船橋駅北口で行なった。 
 船橋・憲法生かす会の主催で行なわれたもので、生かす会メンバーや一般市民も含め各駅に13名が参加した。
 宣伝は、参加者のリレートーク方式で行い、用意した500枚のチラシは津田沼駅でほとんどなくなり、船橋駅ではコンビニでコピーして配付するほどで、市民の関心の高さを感じた。
 参加者一同、参議院での強行採決を許さないため、残された期間全力で闘うことを確認しあった。
 カメラを忘れたため、写真は携帯で撮ったもので画質がよくありません。

  2013120113280000.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 17:14| 千葉 ☀| Comment(1) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

参議院選挙は違憲・即時無効の判決

 今日、広島高裁岡山支部は7月の参議院選挙は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、裁判の対象となった岡山選挙区を違憲・即時無効とする判決を言い渡した。 今月20日には、最高裁が昨年12月の衆院選を「違憲状態」という判決を出している。
 衆議院が「違憲状態」で参議院が「違憲」、つまり今の国会は民意を正確に反映していない憲法違反の国会ということになる。その国会で国民の多数が反対する特定秘密保護法が審議され成立しようとしている。
 憲法違反の国会で審議・可決された法案は憲法違反で認めることはできない。衆議院も参議院も一票の価値を平等にする選挙制度や定数配分にして選挙をやり直してから審議すべきだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 23:07| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

特定秘密保護法案の強行採決に抗議!

 昨日、衆議院本会議で特定秘密保護法案が自民、公明、みんなの党の賛成多数で可決された。
 法案の廃案、根本的修正、慎重審議を求める圧倒的多数の国民の声を無視した強行採決に断固抗議する。
 この法案は民主主義国家の根幹である権力監視の力や言論の自由、国民の知る権利を失わせるものだ。
 賛成したみんなの党の中で、与党との修正協議にあたった井出氏や林らが「官僚統制強化法だ」と本会議場で反対した。井出氏は「渡辺代表は常々『誰と組むかでなく何をやるかだ』という。今回は、代表の信念が揺らいだ」と渡辺代表の手法を批判したと報道された。
 すでに、みんなの党は自公政権の補完勢力になってしまった。いっそのこと、その出目である自民党渡辺派になった方が国民には分かりやすい。
 審議の場は参議院に移された。「参院の力が試される」(朝日新聞)時だ。世論を盛り上げ法案を廃案に追い込もう。
 船橋・憲法生かす会は、法案の強行採決に抗議し、参議院で廃案に追い込むため、12月1日(日)津田沼駅北口(13時〜)と船橋駅北口(15時〜)で宣伝活動を行なう。法案に反対する皆さん、プラカードやのぼりなどもってぜひ一緒にご参加ください。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 17:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

特定秘密保護法案を廃案に

 安倍内閣は25日、秘密保護法案を閣議決定し国会に提出した 
 同法案は国の機密情報を漏らした公務員らへ最長で懲役10年の罰則を課するもので、大臣ら行政機関の長が指定する特定の秘密の範囲や基準があいまいで恣意的な運用の余地が残り、取材・報道の自由との線引きもわかりにくく「知る権利」を阻害するとの強い懸念、反対の声が、日本弁護士会や報道機関、市民運動家らから出されている。 
 第3回定例市議会で「市民社会ネット」から「秘密保全法の国会提出中止に関する」意見書を発議したが、賛成は共産党、高橋議員だけで反対多数で否決された。
 意見書では「本案制定と国家安全保障会議設置法案とセットでの成立が目論まれており国民の知る権利を制限し、憲法の原則である平和主義の根幹を揺るがすことになる」と指摘した。
 集団的自衛権を行使するために9条を改憲をめざし憲法96条の先行改憲を目論んだ安倍首相、目論みが国民の強い批判にさらされて一時頓挫したように、国会での審議や国民世論を大きく盛り上げ同法案を廃案に追い込もう。

 今日は、久しぶりの気持ちいい秋空となった。遅れている通信の配付を行ない。1日だけとなった高根木戸東町会の秋祭りに参加した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 15:09| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

気になる「徳洲会」グループの公選法違反事件

 昨年12月の衆議院選挙をめぐる医療法人「徳洲会」グループの公職選挙法違反容疑事件が毎日報道されている。 
 事件の概要は、12月の衆議院選挙で徳洲会は少なくとも200人以上の病院職員を欠勤扱いにし、徳田毅氏が立候補した鹿児島2区に派遣し、選挙運動に従事させ、欠勤で減額になった給与をボーナスで補填し、日当も支払っていたというものだ。これは公職選挙法が禁じる運動員買収にあたるという容疑だ。
 東京地検特捜部は、徳田毅衆議院の事務所や徳田虎雄理事長が入院している病院などを家宅捜査をし、組織ぐるみの選挙運動の実態の解明を進めているとのことだ。
 今回の事件が医療法人「徳洲会」グループの組織ぐるみの選挙違反となれば、医療法人やグループの社会福祉法人の認可取り消しまで発展する可能性もある。
 実は、徳洲会グループの社会福祉法人「秀心会」は今年4月に高根台団地の建替え事業で生じた余剰地(高根公団駅前)に複合福祉施設「たか音の杜」をオープンした。社会福祉法人の理事長は徳田秀子氏で徳田虎雄氏の妻であり、医療法人「徳洲会」の副理事長でもある。
 また、来年の7月には、現在習志野台1丁目にある「千葉徳洲会病院」が高根公団駅前に新築移転してくる。現在の304床から391床に増床されこの地域の中核病院になる予定だ。
 複合福祉施設はすでに地域住民にとって必要な施設となっており、病院の新築移転に期待する市民も多い。
 事件の解明は当然のことながら、事件の進展がこの2つの施設のどのような影響をあたえるのか気になる所だ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 21:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

山シロ博治当選ならず

 参議院選挙、我ら勝手連が応援した山シロ博治候補は、全国で112.641票を得ながら、社民党の全国比例区の獲得議席が1議席に止まったため当選を果たすことができませんでした。一緒に闘った仲間の皆さん本当にご苦労様でした。また、支援していただいた有権者の皆さんありがとうございました。
 選挙結果は、自民大勝、民主、維新が大敗、公明、共産、みんなが健闘、生活、社民、みどりが苦戦と予想通りの結果となりました。
 自民党政治に対する批判票の受け皿となった共産党が東京、大阪、京都で議席を獲得し議席を倍増させました。
 社民党は、得票を半減させ1議席の当選に止まり、生活とみどりは議席を得ることができませんでした。
 巨大な自民党にどう対峙するのか、脱原発、反TTP、反消費税、憲法擁護の政治戦線をどう構築するのか、今回の選挙結果から言えば共産党がその基軸にならなければなりませんが、共産党以外の政党は反共主義を克服し、共産党は社民主要打撃論を克服し、統一戦線を提唱することが必要です。しかし、これまでの経過からしてそう簡単にはいかない、困難が予想されます。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ


posted by 浦田秀夫 at 07:56| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

山シロ博治、当選へ最後の追い込み

 今朝は高根公団駅で通信97号と社民党の法定チラシを配付した。
 高根公団駅周辺に張り出してある「野田佳彦元首相来る」の看板を見てびっくり、何と明日午後5時30分に高根公団駅に野田佳彦元首相が来ると言う看板だ。
 津田沼駅や船橋駅に「来る」は当然としてもローカル駅である高根公団駅まで来るとは、しかも選挙戦終盤だ、普通ならもっと県内の主要駅前で最後の訴えをするのが常道だ。
 これは民主党の危機感の表れか、今日の東京新聞の千葉県の終盤情勢は「自民現職の石井が抜け出した。民主現職の長浜、みんなの新人寺田、自民新人の豊田、共産新人の寺尾の4人が残り2議席をめぐり激しく競り合っている」とのことだ。明日は公団駅前に民主党の最後の訴えを聞きにいくことにしよう。
 比例区は「社民党、改選2議席確保は難しい情勢だ。又市と山城が1議席を競り合う」とのことだ。山城勝手連・千葉としても最後の追い込みを図らなければならない。午後からは支持者宅を訪問し、情勢を訴え山シロへの投票をお願いした。
 夕方からは通信97号と社民党の法定チラシを地元に400枚戸別配付をした。
 山シロ博治の訴えをご覧下さい。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ


posted by 浦田秀夫 at 21:03| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

選挙戦終盤にむけて檄を飛ばす

 猛暑が一休みし、今朝は涼しいを通り越して寒いくらいだった。地元の高根木戸駅で通信97号と社民党の法定チラシをセットにして配付した。どこの駅頭でもチラシの受け取りがよくないが、高根木戸駅だけは別格だ。顔見知りの皆さんがチラシを受け取ってくれた。 
 帰ってから山シロ博治勝手連・千葉ニュースを作成し、会員などにメールやFAXで送信した。ニュース10号.pdf
 選挙戦終盤にむけて、会員に檄を飛ばす内容だ。会員に檄を飛ばすと言うより自分自身に檄を入れるために作成したものだ。
 午後から、さっそく後援会のメンバーを中心に40人ほどに面接し、山シロ博治さんへの投票を訴えた。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 18:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

街宣に3日間で延べ140人が参加

 7月11日から13日まで行なわれた山シロ博治勝手連・千葉の街宣行動に延べ140人の皆さんが参加した。街頭宣伝は、勝手連の主催で行なったが、市民ネット千葉県や新社会党千葉県本部等の議員や党員も合流し、猛暑の中熱き闘いを展開した。 
 公示前のキャラバン街宣や公示後の標旗を活用した街宣には17 名の議員等が参加した。無所属、市民ネット、新社会党、社民党などの議員だ。
 この勢いを投票箱が閉まるまで継続し、山シロ博治の必勝を期して頑張らなくてはならない。
 来週は、私の地元駅でも法定チラシの配付などを行なう予定だ。チラシ配付のお手伝いを募集しています。
  7月16日(火)高根木戸駅、17日(水)北習志野駅、18日(木)高根公団駅、時間は6時30分から8時まで。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ


posted by 浦田秀夫 at 20:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする