2014年07月01日

集団的自衛権の行使容認、閣議決定に断固抗議!

 安倍首相は、今日臨時閣議を開き集団的自衛権行使を憲法解釈の変更で容認する閣議決定を行った。
 歴代内閣は、他国への攻撃に自衛隊が反撃する集団的自衛権行使は「自衛のための必要最小限度の範囲を超え憲法上許されない」としてきた。
 安倍内閣がこれまで憲法上許されないとした集団的自衛権行使を憲法改正によらず閣議決定によって変更することは、戦後一貫して海外での武力行使をしない、他国の戦争に加担しないという平和主義を放棄し、戦争への道へ大きく踏み出し、民主政治の基本である立憲主義を根本から否定するもので強く抗議をしたい。

 ナチス副総統へルマン・ゲーリングの発言が、憲法を活かす会・千葉県協議会の会報に掲載されていた。
 「もちろん、普通の人々は戦争を望まない。・・・しかし、政策を決定するのは最終的にはその国の指導者であるのだから、民主政治であろうが、ファシスト独裁であろうが、議会制であろうが、共産主義独裁であろうが、国民を戦争に引きずり込むのは常にきわめて単純だ。・・・そして簡単なことだ。
 国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国家を危険にさらしていると主張する以外には、なにもする必要はない。この方法がどんな国家についても等しく有効だ」
 麻生太郎副総理は、(ナチス政権下のドイツ)で憲法は、ある日気づいたらワイマール憲法は変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口を学んだらどうかね。と発言している。
 まさに安倍政権の手口はナチスの手口とそっくりだ。私たちは国民は、安倍首相の言葉に洗脳され騙されてはいけない。「戦争に引きずり込まれること」は断固拒否しなければならない。

 「平和の党」を掲げる公明党は、1年前の参議院選挙で「集団的自衛権の行使には断固反対する」と訴えた。しかし、安倍首相に押し切られ集団的自衛権行使容認へ転向した。
 公明党は、党の理念よりも現世の利益を優先させたとマスコミから揶揄されている。「政教分離」問題で揺さぶられ、自民党の応援で当選した北側副代表や太田国土交通相には自民党と対峙する気概は最初からない。支援者向けのバラマキ予算の獲得など政権与党の甘い蜜にすっかり牙を抜かれてしまった。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:34| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

謝罪では済まない自民党都議、環境大臣!

 6月18日の都議会で塩村文夏都議が女性を侮辱し差別するヤジを浴びた問題で、今日5日目にしてようやく自民党の鈴木章浩都議がヤジを認め謝罪した
 どうせたいした問題にはならないだろうと高を括って、知らぬ存じぬでやり過ごそうとしたが、ツイッターや報道で国内外から厳しい批判の声が高まり、とうとう観念したようだ。
 もう一人、汚染土壌を保存する中間貯蔵施設の建設計画をめぐり、「最後は金目でしょう」と発言した石原伸晃環境大臣が、きょう謝罪のため福島県を訪れた。こちらの発言も福島県民を侮辱し差別する発言だ。
 二人とも謝って済むと思ったら大間違い。政治する資格のない二人は即刻退場すべきだ。
 こうした発言が相次ぐのは、自民党、安倍政権が絶頂期を極める中、気が緩みついつい腹で思っていることが出てしまうからだ
 驕れるもの久しからずだ。そう言えば今日の朝日新聞の世論調査によれば、内閣支持率が先月の調査から6%低下して43%で内閣発足以来最低の支持率になったとのことだ。
 自民党の支持率も4%低下し33%となった。しかし、民主党は依然として復調の気配が見えず、維新やみんなの党は分裂して失速状態だし、分裂した半分は安倍政権の応援団だ。
 こんな状態であればもうしばらく自民党・安倍政権は安泰のようだが、強い敵がいない時はに内部から綻びが始まるのものだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

集団安保でも武力行使、公明党が猛反発

 ご無沙汰していました。毎日更新がモットーの当ブログ、更新がないのにアクセスしていただいた皆さんには申し訳ございません。
 今週は、高根公団駅、日大前駅、北習志野駅、三咲駅の各駅で通信号外を配布。議会の方は常任委員会、予算委員会が終了し、後は最終日、24日を残すだけとなった。
 今議会の報告を中心とした浦田秀夫通信105号もほぼ完成し、24日の議案等の採決を確認した後に印刷に入ることになる。

 さて、国会の方も20日で事実上閉会した。大詰めを迎えた集団的自衛権の行使容認をめぐる与党協議、昨日自民党から集団安全保障でも武力行使ができるよう新たな提案がなされた。
 しかし、公明党は「総理は集団安全保障については、記者会見で自衛隊が武力行使を目的として、湾岸戦争、イラク戦争でも、戦闘に参加することは決してないと言っている」と総理の発言と矛盾していると猛反発したと報道されている。
 また、安倍首相は5月15日の記者会見では「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告書が「集団安全保障の参加について、憲法上の制約はない」としたが「報告書の考えは採用できない」と明言している。
 今国会期間中に集団的自衛権の行使容認を閣議決定するという、安倍首相、自民党の思惑は外れたが、これでもか、これでもかと公明党に攻勢をかけてきている。
 平和の党、庶民(大衆)の党を自負する公明党にとっては大きな正念場を迎えようとしている。公明党にはぜひ頑張ってほしいが、公明党に頼らざるを得ないほど、護憲政党・勢力は力を失っているということだ。国民世論の後押しがなければ公明党も踏ん張りきれないであろう。
 本来なら国民世論を背景に、護憲政党・勢力の統一した大衆運動によって、安倍首相の試みを頓挫させなければならないが、残念ながらそうなっていないのが現実だ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

「必要最小限度の集団的自衛権の行使」はあり得ない

 安倍首相が目指す憲法解釈の変更による集団的自衛権行使容認について、報道各社の世論調査に大きな違いがあるように見える。
 朝日新聞、日経新聞、共同通信などの調査は、憲法の解釈を変えて集団的自衛権を行使できるようにすることに「賛成」か「反対」の問いには賛成より反対が大ききく上回っているが、読売新聞や産經新聞などの調査では、「全面的に使えるようにすべきだ」に加え「必要最小限度の範囲で使えるようにすべききだ」を選択肢に加え、容認が7割を超えている。
 しかし、「必要最小限度の集団的自衛権の行使」はあり得ない。集団的自衛権を行使するかどうかが問題で、量的な問題ではないからだ。日本が集団的自衛権を行使した途端に行使された国とは敵対関係、戦争状態になるからだ。
 米国に向けて発射されたミサイルを自衛隊が撃ち落とせば(現実的にはあり得ないと思うが)発射した国は、撃ち落とされないためは、まずは日本を攻撃しなければならない。日本のミサイル迎撃能力を破壊するまで叩かなければならない。原発にむけてミサイルが発射されることも想定しなければならない。集団的自衛権の行使は、大小に関係なく(全面的でも必要最小限度でも)日本が全面戦争に巻き込まれるのは避けられない。
 安倍首相や一部報道機関は、あり得ない「必要最小限度の集団的自衛権の行使」をかざして、国民世論を集団的自衛権行使容認に導こうとしている。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 23:41| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

子供騙しの渡辺代表の辞任会見

 みんなの党の渡辺代表が7日の記者会見で「党の支持者や議員、関係者に迷惑をかけた」として代表を辞任することを表明した。
 これまで渡辺代表は借入金については「手元にない」と語っていたが、会見では一転し「5億円は妻の口座で管理していた」として、借入金の未返済分5億5千万を完済したと説明した。
 まるで子供騙しの説明だ。借りた金は使わずプールしていたもので、返済したのであれば、使途を説明する必要はないと言わんばかりだ。
 これで一件落着、幕引きとしたい所であろうが、有権者の目はそんなに甘くはない。
 借入金の違法性については、専門家に任せるとして、「企業、団体からの献金を受けない、しがらみのない」政党という看板が地に落ちたことだけは確かだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:36| 千葉 | Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

渡辺代表は潔く辞任すべきだ。

 今日の新聞報道によれば、みんなの党の渡辺喜美代表の多額借り入れ問題で、2012年衆院選の前に5億円を貸した化粧品大手ディーエッチシーの吉田会長が、その後10日後、「お礼と供託金支払いを終えた」などとする渡辺代表のメールを受け取っていたことがわかったと報道された。
 だれが見ても5億円が供託金の支払いを始め選挙費用に充てられたと見るのが自然だ。借入金を選挙費用に充てながら選挙運動費用報告書に記載がなければ公職選挙法違反となる。
 それも大きな罪ではあるが、みんなの党は「企業・団体」から政治資金を受け取らない「しがらみのない政党」を売りにしてきた。一企業の会長からの借入金とはしているが、8億円もの資金提供を受けては、その売りも嘘であったことは明々白々だ。これは詐欺罪でもっと罪は重いはずだ。多くの有権者がそのことを信じて少なからぬ票をみんなの党に投じた訳だから、渡辺代表は代表はもちろん国会議員も辞職すべきだ。
 渡辺代表だけでなく「しがらみのない政党」を売りにしてみんなの党で当選した国会議員、地方議員もその罪は免れない。渡辺代表から選挙資金を受け取ったことを告白し、真実を明らかにして潔く辞任する議員が一人も出てこないところにこの党の行く末が見えてくる。みんなの党から分かれた結いの党の国会議員や地方議員がこの問題に頬被りしているのはどういう訳だ。

 船橋市議会の会派「みんなの党」が「みんなの党・無所属の会」となったとの報告があった。
 今回の事件で3人の議員の内、誰かが離党したらしい。3年前の市議会選挙では新人4人が上位当選したが、すでに高橋議員が結いの党(会派は無所属)に入り、今回の離党でみんなの党所属議員は2人となった。
 選挙に利用する価値がないと見るとせっせと無所属になったり他の党に移ったりする議員を昔からたくさん見てきたが、有権者はそんなに甘くないことがやがて判るであろう。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:19| 千葉 ☔| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

同じ穴の狢か

 みんなの党の渡辺喜美代表が化粧品大手DHCの吉田嘉明会長から、2010年の参議院選挙前に3億円、12年の衆議院選挙前に5億円を借りた問題で「私個人に対する支援として借りた。選挙資金や政治資金には使っていない。違法性の認識は全くない」と説明したと報道された。
 選挙資金や政治資金に使った場合は収支報告書に記載がないため、公職選挙法や政治資金規正法違反することになる。
 かって自民党の派閥の領袖は、自らの勢力を伸ばすために派閥に所属する議員や新人候補に選挙資金を渡した。渡辺喜美代表の父はかっては自民党の派閥の領袖であった。
 渡辺喜美代表が父のように自らに従う議員を作るためにみんなの党の立候補者に選挙資金を渡したとの見方や、8億円がみんなの党から出て当選した衆参36人の議員にも選挙資金や政治資金として配られたと見るのは私だけではないだろう。
 36人の国会議員の中に勇気ある議員が一人でも告白すればすべてが明らかになる。みんなの党を離れてゆいの党に行った議員は勇気をもって告白すべきだ。そうでないとみんなの党とゆいの党は同じ穴の狢ということになる。真実を語るのか両党のモットーでななかったのか。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:31| 千葉 | Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

都知事選、候補者の一本化を切望

 昨日、9日投票の東京都知事選で、鎌田慧ら市民グループが共に脱原発を掲げる宇都宮氏と細川氏に候補一本化を呼びかける要望書を渡し、6日までの回答を求めたと報道された。 2月21日の当ブログで「最後まで候補者一本化の努力」を両陣営や市民団体に訴えたが、市民団体の皆さんが諦めず最後まで候補者の一本化の努力をされていることに本当に敬意を表します。
 昨日も書いたが、マスコミの世論調査によれば舛添氏が大きくリードしその差は広がりつつあるとされている。
 鎌田慧氏は「宇都宮、細川両氏を足した票が最多なら歴史の悲劇だ」と話したと報道された。
 両候補者・陣営が、後世の人々に「あの時の都知事選挙の結果が脱原発と原発依存(再稼働)の分岐点となった」と言われないよう大局に立った判断をすることを切に希望する。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 09:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

安倍首相の靖国参拝、国際社会から孤立

 安倍晋三首相の靖国神社参拝は、中国、韓国からの強い反発だけでなく、「失望」を表明した米国、「遺憾の念」を示したロシア、「慎重な外交」を求めた欧州連合(EU)など日本の国際社会で孤立感が深まっている(朝日新聞朝刊)と報道されている。 
 安倍首相が掲げる「戦後レジームからの脱却」は、第2次世界大戦後の国際世界秩序や戦後の平和憲法を否定するものとして、国内外で懸念、警戒が強まっていたが、今回の靖国参拝はその具体的な行動の表れである。
 特定秘密保護法の制定、沖縄県普天間基地の辺野古への移設、集団的自衛権の容認、国家安全保障基本法制定の目論みなど、まさに戦後レジームからの脱却、憲法と国際秩序に対する挑戦である。安倍政権の本性があらわになってきた。
 しかし、日本国民がこうした安倍首相の挑戦、目論みをやすやすと許すはずがない。安倍政権に対する国民の支持の潮目が変わるきっかけとなるだろう。4月の消費税引き上げで経済が失速すれば、安倍政権はたちまち窮地に追い込まれるであろう。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:06| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

辺野子埋立て申請承認に怒りの声

 今日の新聞報道によれば、昨日安倍首相と沖縄県の仲井真知事が会見し、仲井真知事は、首相からの基地負担軽減策と沖縄振興予算を評価し、米軍普天間基地の移転先となる名護市辺野子の埋立て申請を明日27日に承認する方向とのことだ。 これに対し、地元沖縄県では強い反対と憤りの声が起きている。
 12月15日の赤旗日曜版に元沖縄県議会議長、自民党沖縄県連元会長の外間盛善さんの訴えが掲載されていた。大変印象に残った記事であったので切り抜いて置いたが、それを紹介しよう。
 「新基地を建設する名護市の海の素晴らしさに魅せられます。自然が豊かだから、観光も経済も成り立つ。自然を崩すことは、観光立県の資源を自ら壊すことになります。沖縄の米軍基地は占領や強制収容でつくられてきたものです。
辺野古埋立てを認めれば、沖縄が始めて自ら基地を準備してあげることになる。やっちゃいかん。基地の島でありつづけることになる。
 沖縄戦のとき、ぼくは国民学校1年生でした。陸では機関銃射撃、空からは飛行機の低空攻撃、海からは艦砲射撃。戦争のむなしさ、きびしさを身をもって経験しました。
 ぼくは安保条約を認める立場。みなさんとは違うでしょう。でも安倍政権が強行すれば、安保廃棄の出発点になりますよ。」

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする