2020年09月26日

立憲民主党県連合を結成

 立憲民主党千葉県総支部連合会の結成大会が千葉市内のホテルで、立憲民主党代表代行の蓮舫参議院議員と連合千葉の小谷裕会長をお招きして開催されました。
 新しい立憲民主党千葉県連合は10名の国会議員と予定候補者4人、自治体議員61名で出発することになりました。
 壇上には衆参の国会議員10名と予定候補者の4名が勢ぞろいしました。
 結成大会の前段に開催された地方議員団会議で議員団会議議長に選任され、名称を自治体議員団会議としました。
 自治体議員団会議での私の挨拶の全文は次のとおりです。議員団会議の挨拶.pdf

 IMG_5998.JPG

 12745939286587.jpg


posted by 浦田秀夫 at 17:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

新立憲党の本当の意味

 立憲民主党と国民民主党、無所属議員が合流して結党する新党について「結局は旧民主党の再結集」という冷ややかな声も聞こえるが本当にそうだろうか、ジャーナリストの尾中香尚理さんの寄稿です。新立憲民主党の本当の意味.pdf

posted by 浦田秀夫 at 19:47| 千葉 ☔| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

安倍首相の辞任表明

 安倍首相が昨日、持病の潰瘍性大腸炎が再発したことを理由に辞任することを表明しました。
安倍1強と言われた長期政権の突然の幕切れです。安倍政権の退陣を求めてきた私たちにとっても晴天の霹靂です。
 病気を理由にした退陣表明ですが、安倍政権が政治的にも、経済的にも行き詰まりを示していたのは明らかです。
 7年8 ヶ月の長期政権で壊れた日本の経済、民主主義、政治を立て直するためには政権交代が必要です。
 今度こそ野党が国民の信頼を取り戻し、政権交代を実現するためには、合流新党、野党共闘の前進が必須ですが、同時に自民党政治に対抗する、経済政策、エネルギー政策、安保・外交政策、福祉・社会政策などを示すことがより重要です。
posted by 浦田秀夫 at 17:24| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

反自民の広範な勢力の結集を目指して

 共同通信社が22〜23日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は前回7月の調査より2・8ポイント減の36・0%となった。新型コロナウイルス対策を議論するため野党が求めている臨時国会召集を巡り「速やかに開くべきだ」が70・8%に達し、「速やかに開く必要はない」の22・6%を大きく上回った。
 立憲民主、国民民主両党による合流新党に関し尋ねたところ「期待しない」は67・5%に達した。「期待する」は22・0%にとどまった。
 政党支持率は、自民党32・9%、立憲民主党6・9%、国民民主党1・5%、公明党3・8%、共産党3・0%、日本維新の会4・6%、社民党1・1%、NHKから国民を守る党0・7%、れいわ新選組1・5%。「支持する政党はない」とした無党派層は41・7%だった。
 立憲民主、国民民主両党による合流新党に関する国民の関心は決して高くなが、ここから出発して社民党との合流も実現し、反自民の広範な勢力を結集し、国民から信頼と期待をいただけるよう、党本部や国会議員だけではなく我々自治体議員も頑張ろうと思っています。
posted by 浦田秀夫 at 09:13| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

国民世論の勝利

 NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって37%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は7ポイント上がって45%でした。「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、おととし6月の調査以来となります。
 新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応について、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が39%、「あまり評価しない」が37%、「まったく評価しない」が16%でした。
 検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、賛否を尋ねたところ、「賛成」が17%、「反対」が62%でした。
 安倍内閣に今国会での検察庁法の改正を断念させたのは、こうした国民世論の勝利といえます。

 K10012434921_2005181933_2005181936_01_02.jpg
posted by 浦田秀夫 at 21:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

新型コロナウイルス感染症に伴う政府の支援策

 新型コロナウイルス感染症に伴う政府の支援策をご案内します。
posted by 浦田秀夫 at 21:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

長妻昭立憲民主党代表の街頭演説会

 鎌ケ谷中央公民館で長妻昭立憲民党政務調査会長をゲストにお迎えした「立憲民主党の政策について考える」集いが開かれました。
 これは、来年の参議院選挙にむけて支持者の声を吸い上げる「ボトムアップ」での公約づくりを進めるためのタウンミーテングとして開かれたもので、あらかじめお願いしたアンケートに答えた市民の皆さんから、貧困問題や子育て支援、医療・福祉、エネルギー政策などについて提言、意見表明がなされ、長妻昭政調会長から立憲民主党の考えや政策について発言がありました。
 集い終了後、津田沼駅で立憲民主党船橋支部主催で街頭演説会を行いましたが、多くの市民の皆さんが足を止めて長妻昭氏の訴えを聞き入っていました。

 IMG_3727.jpg

 IMG_3732.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:46| 千葉 🌁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

立憲民主党に入りました。

 立憲主義を無視し、数の力で民主主義、平和主義、国民生活を破壊する安倍政権に対峙し、平和や民主主義、国民のいのちや暮らしを守るためには、野党第1党の立憲民主党を国民の中に根ざした政党として前進させ、立憲民主党を中心とした野党連合しかないと思い立ち民主党に入ることを決意しました。

 また、子ども子育て支援の拡充、医療・介護の充実、災害から住民を守るという政策課題は、私が初当選以来取り組んできた課題であり、立憲民主党の政策と一致しました。
 立憲民主党を地域から支え「まっとうな政治」を取り戻したいと思います。
 地域から真の草の根民主主義を作り出し、市民の想い、願いを市政に、国政に届けていきます。

 無所属のまま立憲民主党を応援するという選択もありましたが、住民のいのちや暮らしを守り、真の地方自治を実現するためには、国政を変えることが必要です。安倍1強に対抗できる政党を国民と共に作り上げていくことが必要です。
 私は、そのことを立憲民主党に期待し、自らもその一翼を担いたいと想い入党しました。皆さんのご理解、ご支援をお願いします。

 今朝は、地元の高根木戸駅で立憲民主党としてデビューしました。多くの皆さんから励ましのお言葉をいただくことができました。

  C375A46B-61B3-498B-AC01-27EBF1F1873F.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

「日本の安全保障と憲法」

市民公開講座 「日本の安全保障と憲法」

日時 2月10日(土)午後4時〜
会場 高根台公民館 第1集会室
講師 宮川伸 衆議院議員(立憲民主党)
資料代 300円
主催 船橋・憲法を生かす会

 安倍政権は、挑発を続ける北朝鮮の核・ミサイル問題を奇貨として、ミサイル防衛の強化や巡行ミサイル、空母の配備などを進めようとしています。憲法の平和主義、専守防衛を逸脱するものです。
 国会の安全保障委員会に所属する立憲民主党の宮川伸さんからお話を伺います。皆様のご来場をお待ちしています。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

9条を守る戦いの橋頭堡を築いた選挙結果

 衆議院選挙、すべての議席が確定した。自民、公明両党で3分の2を超える議席を獲得し大勝した。しかし、この大勝は野党が分断された中で漁夫の利を得たものだ。
 自民党の比例区の得票率は、30%台前半で、獲得議席数は284議席で61%を占める。3割の得票で6割の議席を得ることのできる小選挙区制のお陰だ。民意と議席の数が大きくかけ離れている。
 躍進し55議席を獲得した立憲民主党の比例区の得票率は約20%だが議席獲得数は約11%だ。
 公明党は、5議席減の29議席、希望は7議席減の50議席、共産は9議席減の12議席、維新は3議席減の11議席、社民は現状維持の2議席を得た。
 船橋市では、4区において無所属の野田よしひこ氏が圧勝し、13区では立憲民主党の宮川伸氏が比例復活当選を果たした。
 今後、憲法9条の改正をめぐる議論、攻防が本格化することになるが、今回の選挙の結果は、与党に大勝は許したが、憲法9条を守る戦いの橋頭堡を築いた戦いであったと思っている。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 18:14| 千葉 ☀| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする