2017年10月31日

ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラム

 昨日、ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラムが市内のホテルで開かれた。
 ベンチャープラザ船橋は、新たな事業展開を図ろうとする個人やベンチャー企業、中小企業の方、自分の研究成果や技術をもとに起業目指す方などを対象に、研究室やオフィイスを提供するもので、その家賃の一部を船橋市が補助している。また、中小企業基盤整備機構などによる技術・経営相談などの支援が行われている。
 現在、28社が入居し、これまで30社がベンチャープラザを卒業している。
 フォーラムでは、松竹株式会社取締役副社長細田光人氏による「型があっての型破り」ーベンチャーのコラボによる伝統の継承と革新ーと題する基調講演が行われた。
 10周年活動報告として株式会社マイクロテック・ニチオンや株式会社Eプランから報告があった。
 第2部の交流会では、入居企業の紹介があったが、各企業とも大変なご苦労の中で、それぞれの研究成果や技術をもとに起業したり、新たな事業展開していることに敬意を表したい。

  IMG_1689.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

臨時市議会、議案は継続審査に

 昨日招集された臨時市議会出された市税条例改正に対する質疑が行われた。
 消費税増税が平成31年10月に延期されたことに伴い、平成29年度第1回定例会で、法人市民税の税率を従前の税率に戻す必要があった。しかし、資本金1億円以上の法人については改正したが、資本金1億円以下の法人については市のミスによって改正漏れが生じた。この改正漏れを正し、本来適用すべき税率に改めるとともに、当該税率を平成29年4月1日に遡求適用するための条例改改正だ。
 質疑では、市の初歩的な事務ミスに対する厳しい批判とともに、この条例改正の税率をを平成29年4月1日まで遡って適用できるかどうか争点となった。
 市は平成23年の最高裁の遡求適合判決を根拠に遡求適用は違法性はないとしているが、市民共生の会の斎藤和夫議員は、最高裁の判例と今回の事案は必ずしも一致していない、最高裁の遡求適用合憲判決を法律不遡及の原則から批判する論文も出されている。裁判になった場合勝訴するとは限らないと指摘した。
 また、市は改正漏れによる税率(8.6%)と本来の税率(9,7%)による差額32,592,558円については還付しないとしているが、一旦は還付し、条例改正後に追加徴収すべきではないか。
 市は、遡求適用しないと今後納付する法人との公平性が保てないと言うが、30年4月1日改正にすれば問題は生じないのではないかなどの質疑が行われた。
 質疑終了後、議案は総務委員会に付託されたが、総務員会は慎重に審議する必要があるとして、継続審査とし閉会中に審査することを全会一致で決めた。総務員会の決定を受けて臨時議会は会期を1日残して閉会した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:31| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

条例改正漏れで臨時市議会の招集

 昨日、市長から10月27日に臨時市議会を招集する旨の告示があり、今日議会運営委員会が開かれ審議日程などについて協議した。
 臨時議会招集の理由は、市税条例の改正漏れがあったのでこれを正すための条例改正案を提出するとのことだ。
 消費税の増税(8%から10%へ)による影響をなくすため平成28年第2回定例会で法人市民税の税率を資本金1億円超の法人は税率を12.1%から8.4%へ、資本金1億円以下の法人は9.7%から6.0%へ引き下げる条例改正を行った。
 しかし、消費税増税が平成31年10月1日に延期されたことから平成29年第1回定例会で税率を元に戻す改正を行ったが、改正を行ったのは資本金1億円以上だけで、資本金1億円以下の法人については改正漏れがあったということだ。
 なんともお粗末なことだが、これをチェックできなかった議会も責任の一端がある。
 今日の議会運営委員会は、会期を27日から29日までの3日間と決めた。土、日に議会が開かれるのは私の記憶では初めてだ。改正漏れの原因や改正漏れが発覚した後の経過について委員からは厳しい意見が出された。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

柏市長選挙の応援

 衆院選挙と同時選挙となった柏市長選挙に立候補した鈴木せいじょう氏の出陣式に参加した。
鈴木候補は、市民派市長を実現する会の公募に応じて立候補したもので、私の同志でもある。
 鈴木候補は、市立柏病院の現地建て替え、柏独自の給付型奨学金の創設、学校給食の無料化などを公約に掲げている。
 市民と野党が共闘して市民派市長を実現しようと応援のエールを送った。

 IMG_1621.jpg

   IMG_1606.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 19:57| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

デンマーク皇太子妃がアンデルセン公園に

 日本とデンマークの国交樹立150年を記念して来日しているデンマーク王国メアリー皇太子妃殿下が、北欧フェアーを開催中のアンデルセン公園を訪れた。
 アンデルセン公園では近隣の小学校児童や多くの市民が妃殿下を迎えた。
 北欧フェアー開催場所では記念の植樹が行われ、子ども美術館では歓迎の昼食会が催された。

 IMG_1519.jpg

 IMG_1527.JPG

 IMG_1539.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:05| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

議会最終日

 第3回定例市議会最終日、市長提出の一般会計補正予算などの議案、決算認定は全回一致、又は賛成多数で可決又は認定された。
 市民から出された陳情の内、地域防災計画と施設整備に関する陳情、千葉県受動喫煙防止条約の早期制定を求める意見書提出、義務教育国庫負担制度の堅持の意見書提出、教育予算拡充の意見書提出の陳情が採択され、意見書も可決された。
 議員発議の核兵器禁止条約への参加を求める意見書、「高度プロフェッショナル制度」を撤回し、長時間労働規制の法改正を求める意見書は、市民共生の会、共産党、民進党の賛成少数で否決された。
 総選挙の公示が近づく中で、各議員は足早に議場を後にした。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 14:36| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

明日、予算決算委員会総括質疑

 明日、予算決算委員会全体会で、補正予算と28年度決算に関する総括質疑が行われる。
 私が市民共生の会を代表して行うが、質問通告をしたのは市民共生の会と共産党だけだ。
 船橋市議会は、予算決算委員会を常任委員化し、議長を除く全議員で構成し、質疑は5つの分科会で行う方式を前議会から採用している。
 各分科会の質疑では、全体的・総括的な質疑ができないとの懸念もあったことから、各派代表による総括質問を市長出席のもと本会議場で行うことにしたものだ。
 質問通告が7会派中2会派とは寂しいもので、議会の監視・政策提言機能を放棄するもと言わざるをえない。
 質問は明日、11時頃から約1時間程行う、インターネット中継されるのでぜひご覧ください。
 質問は28年度決算を踏まえて、平成30年度の予算や今後の施策に反映させることを目的に下記の項目について行う。
 1、28年度決算と将来の財政推計について
 2、入札制度の改革について
 3、臨時・非常勤職員の待遇改善とあらたな仕組みについて
 4、防災訓練の改善について
 5、救急患者のたらい回しをなくすために
 6、人間ドッグ助成制度について
 7、地域包括ケアシステムについて

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ 
posted by 浦田秀夫 at 21:54| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

防災訓練の一層の改善を

 広報「ふなばし」8月15日号に、大地震が発生!その時どうするとの見出しで、大震災発生時に市民が取るべき行動、心構えについてイラスト入りで大変わかりやすく掲載された。
 28年度の市の防災訓練は、シェイクアウト訓練後、直ぐに避難所に避難するという訓練で、実際の大震災発生時に市民や各町会・自治会が取るべき行動と訓練とは乖離があると指摘した。
 まずは自分の身を守る(シェイクアウト訓練)、次に火を止める、ドアや窓を開けて脱出口を確保する、津波や家屋倒壊の危険がある場合はすぐに避難しますが、そうでない場合、家族の安否の確認、近隣で協力して初期消火や救出活動をする。町会・自治会単位での被害状況の把握することも必要だと改善を求めた。
 今回の広報にはそのことがわかりやすく掲載された。そのこと自体は大いに評価できるものだ。
しかし、そのことが市民や町会・自治会でどれだけ実行されたのか。
 広報に掲載されたことを町会・自治会単位でしっかりと実行した上で避難所に集合する。集合時間は決めず、集合した順に受付を行い、集合したメンバーで避難所を立ち上げる。避難所での訓練内容も再検討するよう提案したい。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:06| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

1者入札、落札率99,9%問題

 主に建築関係の工事請負契約で競争性が働かず、1者入札、落札率99%が問題になっている。
 船橋市の建築関係の工事請負契約について平成25年度1定から平成29年度3定までに議会に出された20件について調査した。20件の契約金額の総額は193億7千万円となっている。
 入札参加者は、1者が14件、2者が1件、3者が3件、4者以上が2件となっている。落札率は97%台が3件、98%台が2件、99%台が12件、100%が3件となっている。落札回数はA者とがB者が各5回、C者とD者が各4回となっている。
 競争性がまったく働かず、1者入札、落札率99%が常態化している上に、落札者が4者に限定されている。これは限りなく談合が行われているのではないかと想像させられる結果だ。
 こうした結果に対する市の認識と入札制度の改善を求めたい。
 具体的には、予定価格の事前公開を見直すこと。入札の地域要件を広げ入札者を増やすこと。JV結成の義務の撤廃、1者入札の場合は再入札を行うことなどを提案したい。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

臨時・非常勤職員の89%が女性

 昨日は、予算決算分科会、総務員会が所管する補正予算と28年度決算について質疑を行った。
 質疑で明らかになったことや予算決算総括質問(29日)にむけて調査したことや質問の趣旨などについて順次報告する。

1、臨時・非常勤職員の現状と待遇改善、任用の新たな仕組みについて
 28年4月現在で、非常勤一般職員が2,428人、臨時職員が963人で合計3,391人、この内女性が3,031人で全体の89.4%となっている。
 職種は、看護師、学校事務・司書・理科実験事務員、公民館・図書館事務、市民生活部など本庁事務、児童ホーム・放課後ルーム支援員・補助員、保育士、給食調理員などありとあらゆる職種で、こうした臨時・非常勤職員なしには行政サービスがなりたたなくなっている。

 市は、平成27年度から臨時職員から一般職非常勤職員への移行をおこなった。臨時職員は予算上は物件費で物扱いだった。一般職非常勤職員への移行によって人件費、つまり人になった。
 移行によって年間を通じた雇用になり、年休の繰越や育児や介護休暇が取得できることになったり、一定の処遇改善が図られたことは評価した。しかし、依然として臨時職員が963人存在している。これらの方の移行が課題となっている。

 市は28年度保育園の保育士については、人材確保の観点から時給を1,220円から1,530円に引き上げたが、他の職種はほぼ現状維持となっている。他の職種でも時給引き上げが必要だ。

 国は地方公務員の臨時・非常勤職員任用の新たな仕組みについて立法の準備をしている。この中で民間部門において「同一労働同一賃金ガイドライン」が取りまとめられたことを受け、民間労働者や国家公務員との制度的な均衡を図る観点からまずは常勤職員と同様に給料及び手当の支給対象にすること、給与水準を継続的に改善するよう検討すべきであるとしている。

 公共サービスの担い手は、常勤職員でという主張をしつつ、現に存在している臨時・非常勤職員の待遇改善を図るための質問をする予定だ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 09:54| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする