2017年09月12日

つまがり俊明議員の一般質問

 一般質問の2日目、市民共生の会はつまがり俊明議員が質問に立った。
 つまがり議員は、新たな事業の取り組む際の業務の進め方について、今年リニューアルした運動公園プールや完成した北部清掃工場に併設された温浴施設「メグスパ」、今年オープンした三番瀬環境学習館などの事例を引き合いにし、設計段階で利用者目線や管理運営する側の視点が足りないのではないかと指摘した。
 また、地域福祉課における「被災者生活再建支援金」に関する市職員の不適切な事務処理などを取り上げ、外部から指摘されるまで把握できないのは、職場の縦割り、まわりを見れていないという構造的な課題があるのではないかと指摘した。
 この他、個人保護条例改正に伴う小規模事業者への対応などについて質問した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:06| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

池沢みちよ議員が登壇

 第3回定例市議会、今日から一般質問が始まった。市民共生の会は池沢みちよ議員が質問にたった。
 池沢議員は、地元の山手地区のまちづくり、塚田駅南地区計画、新しく建設される仮称塚田第2小学校の学区問題、公民館職員の接遇問題などを取り上げ質問した。
 まちづくり、地区計画の質問では、地区計画区域内の用途変更問題、道路や歩道の整備、近隣住宅の日照阻害問題、通学路の安全対策、公園整備などについて質した。
 私が議長席に座り、議事を取り仕切った。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

保育士の処遇改善について

 今日は、本会議で市長提出の議案に対する質疑が行われ、市民共生の会はつまがり議員が会派を代表して質疑を行った。
 補正予算の中に、保育士の処遇を改善する事業が盛り込まれている。船橋市はすでに民営保育所などの保育士に対して市独自に月額32,110円を補助している。
 今回、千葉県が月額2万円の処遇改善を図ることになったことを受け、県事業の内、県負担分1万円を現行の市の補助額に上乗せし、補助額を42,110円とする内容だ。
 近隣市では、待機児童の多い市川市が県補助を上乗せして64,000円、松戸市が45,000円、柏市が43,000円になる一方で、市独自の補助がなかった千葉市、八千代市、鎌ケ谷市が30,000円、習志野市などが20,000円で自治体によって大きな差が生じている。
 保育士の処遇改善は、各自治体まかせにするのでなく、基本的には国が対策を講じるべきだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 16:17| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

被災者生活再建支援金未払いが発覚

 市は今日市民から申請のあった被災者生活再建支援金、7件、総額1,575万円の支援金が支払われていないことを明らかにした。
 福祉サービス部の30代の男性主事が、市民からの申請書類を受理したものの提出先の県への手続きを行わなかったもので、8月31日に申請した市民からの問い合わせで発覚した。
 被災者生活再建支援金制度は、自然災害により居住する住宅が全壊するなど生活基盤に著しい被害を受けた世帯に、生活の再建を支援するために最大で300万円の支援金を支給する制度
 市は、申請者の自宅を訪問するなどして謝罪を行い、支援金が迅速に支払われるよう手続きを行うと共に、原因を究明し再発防止の取り組みをするとしている。
 市は、この男性主事がこの他にも民生児童委員協議会会長印の不正使用など9件の不適切な事務処理を行ったていたことも明らかにした。
 男性主事のこうした不適切な事務処理は、公務員として許されない行為であり、責任は重大であるが、市民からの問い合わせがあるまでこうしたことを把握できなかった市の事務処理のあり方に問題はなかったのか、検証しなければならない。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

小学校就学援助費、就学前支給へ

 船橋市議会第3回定例会が、今日から10月5日までの36日間の会期で始まった。
 市長からは、準要保護児童の小学校入学準備に係る就学援助費の支給を現行の小学校入学後から就学前に変更するための補正予算、坪井児童ホーム新築工事請負契約、塚田第2小学校及び保育所の用地取得、副市長や監査員などの選任同意を求める人事議案など15議案、決算の認定10件が提出された。
 市民共生の会と共産党共同で発議した「核兵器禁止条約への参加を求める意見書」について、朝倉議員が代表して提出理由を述べた。核兵器禁止条約への参加を求める意見書.pdf

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 13:12| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

研修会「認定こども園の現状について」

 私立幼稚園教育振興議員連盟と私立幼稚園連合会共同の研修会と懇談会が開かれた。
 研修会では「船橋市の幼児教育の現状と今後 〜認定こども園の現状について〜」と題して、認定こども園に移行した大浜幼稚園の田中善之理事長と不二幼稚園高橋晴美理事長・園長が講演した。(写真)
 厚労省が鳴り物入りで導入した子ども・子育て支援新ステム、その柱である認定こども園に移行したのは市内43園の私立幼稚園の内5園に止まっている。
 お二人からは、認定こども園に移行するにあたっての動機、認定こども園になってからのメリットや課題について、リアルなお話があった。
 メリットとしては、保育士の待遇改善、園児減少の歯止めがかかったことなどが報告された一方、事務負担の増大、制度が定着していないことなどの課題も報告された。
 幼保一元化、幼保連携の理念は正しいとしても、各幼稚園の教育理念や歴史があり、簡単には認定こども園に移行できない事情も理解できる。
 保育所か幼稚園かではなく、保護者のニーズや社会環境に対応した子育て支援策として、両者の連携した取り組みが必要となっている。

 IMG_1256 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:53| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

核兵器禁止条約への参加を求める意見書提出へ

 市議会第3回定例会の日程などを協議する議会運営委員会が開かれた、会期を8月31日から10月5日までの36日間とすることなどが確認された
 第3回定例会には、市長から一般会計補正予算や副市長選任を求める議案など15議案と決算の認定10件などが提出される予定。
 また、発議案として、市民共生の会、共産党の共同で「核兵器禁止条約への参加を求める意見書」が提出される。
 一般質問には33人がエントリーし、9月11日〜15日まで5日間行われ、各常任委員会と予算決算分科会が9月15日から27日まで開かれ、予算決算委員会が9月29日と10月2日に開かれる審議日程となった。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 11:22| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

南極観測船しらせが寄港

 南極観測船しらせが18日に船橋市に寄港し、今日記念のレセプションがしらせの艦上で催された。副議長の立場で招待を受け参加した。
 船橋市制80周年に当り、先代のしらせが船橋港に係留されている関係で、二代目のしらせが南極観測に縁のある船橋市に寄港したものだ。
 総排水量12,600トンでヘリコプター3機を積載する大型の砕氷艦だ。

 IMG_1148.JPG

 IMG_1154.JPG

 IMG_1160.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:45| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

大地震発生時の取るべき行動

 今日の市の広報の1面と2面に「大地震が発生!」そのときどうする!の見出しで、いざというときの自分や家族の命を守るためにとるべき行動について、イラストでわかりやすくお知らせしている。
 その上で、8月27日(日)の市の総合防災訓練の参加と地震発生時の行動パターンを確認することを呼びかけている。
 昨年の第3回定例議会で、市の総合防災訓練は、シェイクアウト(身を守る)訓練後、直ぐに避難所へ避難する訓練で、火を止める、ドアや窓をあけて逃げ道の確保、家族の安否確認、隣近所の安否確認、近隣で協力して初期消化や救出活動をすることなどが省略されていると指摘し、改善を求めた。
 今年の第2回定例議会で市は、訓練の改善を図ることを明らかにしたが、市民への周知をしっかり行うことを求めた。
 大変よくできた広報です。皆さんもご覧ください。

 IMG_1129.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 13:21| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

太宰治の生家、斜陽館を見学

 昭和の文豪太宰治の生家である斜陽館を見学した。太宰治は青森県津軽群金木村(現、五所川原市)の大地主の家に生まれ、昭和23年玉川上水で入水自殺をし39歳でこの世を去った。
 その間、走れメロス、津軽、斜陽、人間失格など数々の名作を世に出した。
 太宰は昭和10年7月、26歳の時、薬物中毒の療養ため船橋へ転居してきた。1年3ヶ月の短い期間であったが、自身の回想記の中で、「最も愛着が深かった」まちが船橋であったと述べている。
 太宰は、内縁の妻であった初代と時を過ごした。滞在して執筆した玉川旅館など太宰のゆかりの場所が現在に伝えられている。

 IMG_1118 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:15| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする