2017年11月19日

津軽観光物産フェア

 昨日は、船橋駅北口おまつり広場で18日〜19日の2日間開かれた青森県津軽観光物産首都圏フェアのオープニングセレモニー、テープカットに参加した。
 このフェアは、船橋市との交流がある青森県五所川原市が主催して開かれたもので、特産のリンゴやしじみラーメンなど津軽の美味しい物産が販売され、特設ステージでは立ねぶた囃子や津軽三味線の演奏などが行われた。
 五所川原市には今年の夏に訪問し、勇壮な立ねぶたの運行を見学させていただき大変感動したものだ。リンゴとぶどう(スチューベン)を買い込みました。

  936FF33B-FE41-42CA-918B-0FF45E57F31F.JPG

  
 午後からは、南房総岩井で行われた鋸南第2中学校同窓会に参加し、懐かしい面々と楽しい一時をすごすことができた。

  9DCAECB9-1A0B-40E0-B73C-D53FEAE0D745.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

続きを読む
posted by 浦田秀夫 at 17:30| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

動物愛護法の改正に関する意見書を提出

 今日から第4回定例市議会が始まった。市長からは一般会計補正予算など8議案と諮問2件が提出された。
 市民共生の会の斎藤和夫議員からからは「動物の愛護及び管理に関する法律の改正に関する意見書」が提出された。
 また、共産党からは「憲法9条の改憲発議を行わないよう求める意見書」「北挑戦との対話をトランプ大統領に提起するよう求める意見書」「消費税率の10%への引き上げを中止するよう求める意見書」が提出された。
 市長提出の議案については、11月27日に、議員発議の発議案については28日に質疑が行われる。
 一般質問は、11月29日〜12月1日及び12月4日〜5日に行われ、33人が質問通告を行った。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 12:39| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

明日から第4回定例市議会

 明日から開会される第4回定例市議会を前に提出予定の議案について市から説明を受けた。
 一般会計補正予算では、放課後ルームの待機児童を解消するために、市場小放課後ルームなど5ルームで合計139人の定員増を図る予算や取掛西塚保存事業として、土地の一部を取得するための測量、不動産鑑定するための予算など。
 下水道事業について特別会計から企業会計に移行するための条例、駒込川流域の雨水管渠敷設整備工事請負契約、大穴近隣公園用地の取得、光風みどり園の指定管理者の指定議案などについて説明を受けた。
 議会は明日から12月22日まで36日間の会期で開かれる。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:10| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

法人市民税の税率改正漏れを審査

 先の臨時市議会で継続審査となった「法人市民税の税率改正漏れ」を正し、条例を平成29年4月1日に遡及適用するための条例改正が審議された。
 本条例改正に関する論点は、次の4点だ。
 第1は、税率改正漏れによって条例に定められている8.6%を超える9.7%(改正すべき税率)での徴収は租税法律主義の原則に反して違法ではないか。まずは法令違法状況の是正に着手すべきではないか。
 第2は、改正すべき税率を平成29年4月1に遡及適用することは、法律不遡及の原則から違法ではないか。租税法律主義と法律不遡及の原則は、近代国家、民主主義の根幹をなすもので、安易に遡及適用を是認すべきではない。
 第3は、市は平成23年9月22日、最高裁判決における遡及適用について、本件事件に当てはめて憲法84条(租税法律主義)の趣旨に反しないとしているが、本事案が最高裁判決に当てはめることができるのか。
 判例は、立法目的が明確(正当性がある)で、その立法目的からして、遡及適用による納税者の租税法の地位は合理的な制約として容認されるべきものとしている。本市の事案は単純な事務ミスで最高裁判決をそのまま当てはめるのは無理ではないか。
 第4は、市は法人市民税の一部の税率が標準税率未満となるために、市債の発行に当たっては知事の許可が必要となるが、許可要件を満たしていないので市債発行の許可が認められないことが想定されるとしている。しかし、この要件は、政策的な減税を抑制するためのもので、単純ミスによる一時的なものは該当しないのではないかなどである。

 今日の委員会では、これらの論点を議論するために私からは、@最高裁判決における遡及適用について、本件事案に当てはめて憲法84条(租税法律主義)の趣旨に反しないとしている見解について弁護士等への照会文書と回答文書。A法人市民税の一部の税率が標準税率未満となるために、市債の発行許可が認められないとしている見解について総務省への照会文書と回答文書の資料請求を行った。
 @については文書提出があり、Aについては口頭の説明があったが後日文書で提出することを求めた。

 また、長谷川議員からは第1の論点から「市長が直ちに現在の違法状況の是正に着手することを求める」決議が提出され、市民共生の会、共産党、船橋清風会、研政の委員の賛成多数で可決した。

 さらに、参考人として最高裁判決を批判する明治学院大学法学部教授の渡辺充氏を12月6日招致し見解を伺うことや、本市の事案について最高裁の判例から憲法84条の趣旨に反しないとする弁護士で早稲田大学大学院教授の西口元氏、実務を担う税理士らも参考人招致にむけて日程調整を行うことを確認した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 19:44| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

街頭で通信の配布

 午前中は、明日開かれる会派代表者会議や議会運営委員会、第4回定例市議会(11月17日開会)にむけて会派の打ち合わせを行った。
 夕方から高根公団駅前で通信の配布。通勤者相手の早朝はなかなか受け取りが悪いが、夕方は買い物をする市民らが中心で受け取りも大変良好だ。
 もうポスティングされていて読みましたよという方もいたが、それでも1時間半で200枚程の通信を受け取っていただき、励ましやお褒めの言葉もいただいた。

  D93AE829-B1F1-47B9-AFDE-AEA215132CD6.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:24| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

大津市のハッピー育Menを視察

 昨日は、大津市のハッピー育Menの取り組みについての視察。
 これは、男性職員の育児休暇や育児休業取得を促進させる取り組みで、配偶者の出産に合わせて、男性職員が仕事や職場を気にせず、遠慮せず、計画的に育児休暇が取れるように「育児参画計画書」を活用した取り組みだ。
 計画書に記入することで自身の子育てプランを明確にし、ワーク・ライフ・バランス見つめ直すためのもので、所属長への育児に関する報告、連絡ツールとして活用している。
 育児休暇は、出産補助休暇が3日以内で、配偶者の出産にかかわる入退院、出産の付き添いなどに取得できる。子の養育休暇は5日以内で、配偶者の産前6週間、産後8週間の期間中に生まれた子や就学前までの上の子の養育をするために取得できる。
 また、こうした取り組みを通じて男性の育児休業の取得者も増えている。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 08:18| 千葉 🌁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

岐阜市の多文化共生推進計画を視察

 昨日は、総務委員会として岐阜市の多文化共生推進計画「たぶんかマスタープラン」と活動の拠点である多文化交流プラザを視察した。
多文化共生推進計画では、外国人市民を単に支援の対象にするのではなく、ともにまちづくりを担うパートナーとして位置付け「誰もが互いに多様性を理解しあい、ともに新たな魅力を創造するまちをめざして」を基本理念としている。
 多文化交流プラザでは、多言語による外国人市民のために生活相談窓口を開設し、外国や日本の文化体験、日本語講座などを行っている。
 総務員会の視察目的ではなかったが、多文化交流プラザと複合施設となっているみんなの森(中央図書館)も合わせて視察させていただいた。中央図書館は平成26年に市の直営で開館したもので、森の中に(公園の中に)図書館があるというイメージでとても素晴らしい図書館であった。(写真下)

 IMG_1700.jpg

 IMG_1697.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 06:59| 千葉 🌁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラム

 昨日、ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラムが市内のホテルで開かれた。
 ベンチャープラザ船橋は、新たな事業展開を図ろうとする個人やベンチャー企業、中小企業の方、自分の研究成果や技術をもとに起業目指す方などを対象に、研究室やオフィイスを提供するもので、その家賃の一部を船橋市が補助している。また、中小企業基盤整備機構などによる技術・経営相談などの支援が行われている。
 現在、28社が入居し、これまで30社がベンチャープラザを卒業している。
 フォーラムでは、松竹株式会社取締役副社長細田光人氏による「型があっての型破り」ーベンチャーのコラボによる伝統の継承と革新ーと題する基調講演が行われた。
 10周年活動報告として株式会社マイクロテック・ニチオンや株式会社Eプランから報告があった。
 第2部の交流会では、入居企業の紹介があったが、各企業とも大変なご苦労の中で、それぞれの研究成果や技術をもとに起業したり、新たな事業展開していることに敬意を表したい。

  IMG_1689.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

臨時市議会、議案は継続審査に

 昨日招集された臨時市議会出された市税条例改正に対する質疑が行われた。
 消費税増税が平成31年10月に延期されたことに伴い、平成29年度第1回定例会で、法人市民税の税率を従前の税率に戻す必要があった。しかし、資本金1億円以上の法人については改正したが、資本金1億円以下の法人については市のミスによって改正漏れが生じた。この改正漏れを正し、本来適用すべき税率に改めるとともに、当該税率を平成29年4月1日に遡求適用するための条例改改正だ。
 質疑では、市の初歩的な事務ミスに対する厳しい批判とともに、この条例改正の税率をを平成29年4月1日まで遡って適用できるかどうか争点となった。
 市は平成23年の最高裁の遡求適合判決を根拠に遡求適用は違法性はないとしているが、市民共生の会の斎藤和夫議員は、最高裁の判例と今回の事案は必ずしも一致していない、最高裁の遡求適用合憲判決を法律不遡及の原則から批判する論文も出されている。裁判になった場合勝訴するとは限らないと指摘した。
 また、市は改正漏れによる税率(8.6%)と本来の税率(9,7%)による差額32,592,558円については還付しないとしているが、一旦は還付し、条例改正後に追加徴収すべきではないか。
 市は、遡求適用しないと今後納付する法人との公平性が保てないと言うが、30年4月1日改正にすれば問題は生じないのではないかなどの質疑が行われた。
 質疑終了後、議案は総務委員会に付託されたが、総務員会は慎重に審議する必要があるとして、継続審査とし閉会中に審査することを全会一致で決めた。総務員会の決定を受けて臨時議会は会期を1日残して閉会した。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:31| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

条例改正漏れで臨時市議会の招集

 昨日、市長から10月27日に臨時市議会を招集する旨の告示があり、今日議会運営委員会が開かれ審議日程などについて協議した。
 臨時議会招集の理由は、市税条例の改正漏れがあったのでこれを正すための条例改正案を提出するとのことだ。
 消費税の増税(8%から10%へ)による影響をなくすため平成28年第2回定例会で法人市民税の税率を資本金1億円超の法人は税率を12.1%から8.4%へ、資本金1億円以下の法人は9.7%から6.0%へ引き下げる条例改正を行った。
 しかし、消費税増税が平成31年10月1日に延期されたことから平成29年第1回定例会で税率を元に戻す改正を行ったが、改正を行ったのは資本金1億円以上だけで、資本金1億円以下の法人については改正漏れがあったということだ。
 なんともお粗末なことだが、これをチェックできなかった議会も責任の一端がある。
 今日の議会運営委員会は、会期を27日から29日までの3日間と決めた。土、日に議会が開かれるのは私の記憶では初めてだ。改正漏れの原因や改正漏れが発覚した後の経過について委員からは厳しい意見が出された。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:10| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする