2015年07月11日

「戦争法案」反対の宣伝・シール投票

 今日は、午後から9条の会・千葉地方議員ネットの第11回総会。総会後、津田沼駅で「戦争法案反対」の駅頭宣伝活動。
 夕方5時からは、船橋・憲法生かす会と市民社会ネットワーク共催の駅等宣伝・シール投票。
 多く市民の皆さんにチラシを受け取っていただき、シール投票に参加していただいた。(写真)
 なお、明日の津田沼駅北口の宣伝行動は、開始時間が13時〜に変更されました。

 IMG_2173.jpg

 IMG_2176.jpg

 IMG_2177.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:41| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

戦争法案、強行採決阻止行動にご参加を

 政府与党は、安保法制(戦争法案)の衆議院での強行採決にむけて動きを強めています。
 衆議院での強行採決を許さず法案の廃案を求める運動が全国各地で展開されています。
 我が船橋市の地においても今週の週末から月末にかけて様々な活動が行なわれます。私が参加する予定に行動についてお知らせします。ぜひ皆さんもご参加下さい。

7月11日(土)午後2時30分〜津田沼駅北口宣伝活動 
     主催 9条の会・千葉地方議員ネット
7月11日(土)午後5時〜船橋駅北口宣伝活動シール投票
     主催 船橋・憲法を生かす会
7月12日(日)12時30分〜津田沼駅北口宣伝活動・
     シール投票 主催 船橋・憲法を生かす会 
7月14日(火)午後5時〜 船橋駅北口宣伝活動
     市議会市民社会ネットワーク及び共産党議員他
7月16日(木)午後5時30分〜衆議院第1議員会館
     自治体議員立憲ネット院内集会
7月16日(木)午後6時30分〜国会包囲総がかり行動 
     場所 衆議院第2議員会館前
7月18日(土)沖縄に連帯する集い 午後1時30分〜
     会場 船橋勤労市民センター資料代500円
7月21日(火) 午後2時〜 反核平和の火リレー
     市への要請行動 場所 市役所玄関前
7月22日(水)午後5時〜 津田沼駅北口宣伝活動
     主催 自治体議員立憲ネット千葉県
8月 1日(土)緊急学習会 午後6時30分〜東部公民館
    テーマ「違憲で危険!戦争法案」講師柳沢協二さん
    資料代500円 主催 自治体議員立憲ネット千葉県

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 23:56| 千葉 ☔| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

戦争をさせない!千葉県民集会

 戦争への道を突き進む安倍政権の暴走を阻止し、一人ひとりの平和に生きる権利を守り抜くために、集団的自衛権行使に反対し、戦争法案を廃案に追い込もうと、再び戦争をさせない千葉県民集会が千葉市内で開かれ約500名の県民が参加した。
 集会では、作家の落合恵子さんから「いのちからすべてを。〜戦争をさせない!平和への想いを広げよう!〜」と題して講演が行なわれた。
 落合恵子さんのお話は、戦争法案、原発事故、沖縄基地問題など、かけがえのないいのちからすべてを考えようという感性に溢れる問題提起であり、この社会の不条理に怒り闘い続けようと呼びかけるものであった。
 集会終了後、落合恵子さんの書籍とCD絵本を購入し、サインをいだだいた。

 IMG_2165.jpg

 IMG_2167.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

とめよう!戦争法案 6.24国会包囲行動

 とめよう!戦争法 集まろう!国会へ 6.24国会包囲行動に参加してきました。国会を3万人の人々で包囲し、戦争法案廃案の声を上げました。
 この行動の前段に、自治体立憲ネットワーク主催の院内集会も開かれました。

 IMG_2158.jpg

 IMG_2153.jpg

 IMG_2157.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 00:29| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

真宗大谷派「不戦の誓い」

 母の葬儀は、母の生地(安房郡鋸南町岩井袋)にある浄土真宗大谷派「福蔵寺」の住職をお招きし行なった。浄土宗は親鸞が開祖し、「歎異抄」の教えが有名だ。
 母の葬儀の日に、浄土真宗大谷派は「非戦決議2015」を発表した。
 浄土真宗大谷派は1995年6月に、先の戦争で世界の人々、とりわけアジア諸国の人たちに、言語に絶する惨禍をもたらし、仏法の名を借りて、将来ある青年たちを死地に赴かしめ、いい知れの苦難を強いたことを、深く懺悔し、宗門が犯した罪責を検証し、これらの惨事を未然に防止する努力を惜しまないことを決意し「不戦の誓い」を表明した。
 「非戦決議2015」ではこの「不戦の誓い」を再確認し、「戦争の悲惨さと愚かさに対する人々の感覚は風化し、基地問題で苦しむ沖縄の人たちの心に向き合おうとせず、戦争に向かう状況を生み出そうとしています。永い人類の歴史は、人が人を殺し、傷つけ合う悲しみの連続でありました。如来の願心は、自我愛を正当化し『賜ったいのち』を奪い合うことを悲しみ、私たちに『共に生きよ』と呼びかけておられます。このよびかけに応じ「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」という仏陀の言葉を如来の悲願と受け取り、あらためてここに『非戦の誓い』を表明いたします」としている。
 浄土真宗大谷派は安倍政権の集団的自衛権行使容認や「戦争法案」に反対している数少ない宗教団体の一つだ。

 母の遺品を整理していたら父の従軍「履歴申立書」がでてきた。父は昭和18年3月に招集され、中国に工兵として戦争に参加し、昭和21年6月1日に鹿児島に上陸し除隊されている。
 この履歴書は昭和53年に父が「旧軍人等の一時金請求書」を出した際添付した書類だ。父は3年間従軍したにも関わらず、普通恩給や一時恩給の対象とはならず平成元年に亡くなった。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 12:15| 千葉 🌁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

自治体議員立憲ネット全国総会

 「戦争法制」の国会審議が始まった今日、自治体議員立憲ネットワークの第2回総会が、衆議院第2議員会館で開かれた。
 自治体議員立憲ネットワークは、立憲主義と平和主義を掲げ、全国の地方議員500名が結集した組織で、総会では安倍政権が提出した「戦争法制」を廃案に追い込むための活動や会員を1000人以上に拡大する活動計画、来年の参議院選挙に向けた取り組みなどを決定した。
 来賓として、社民党の吉田党首や民主党の小西洋之参議院、戦争をさせない1000人委員会の代表が連帯の挨拶した。

 20150526130858.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 13:41| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

非武装永世中立の憲法

 昨日、憲法を活かす会千葉県協議会の主催で千葉県憲法集会が習志野市内で開催された。
 集会の第2部で大阪経済法科大学の澤野義一教授による「非武装永世中立の憲法の意義」と題する講演が行なわれた。
 教授の立場(主張)は「憲法9条は、非戦・非武装永世中立を規範的に要請しており、集団的自衛権行使容認を禁止しているにとどまらず(従来の政府見解)、集団的自衛権自体を不定・放棄している」というものだ。
 久しぶりにこうした見解、主張を聞いた。かつての私たちの主張は教授の立場と同じであった。もちろん今でも基本的には変わりはないが、私たちが今主張していることは、「従来の政府見解を一時の内閣で変更するのは立憲主義に反する」ということだ。
 安倍政権の立憲主義を否定する暴走を止めるために、広範な国民の結集を図るためには必要な主張ではあるが「憲法9条は集団的自衛権自体を不定・放棄している」ことをしっかりと踏まえた運動も必要だ。

 IMG_2079.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:18| 千葉 | Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

9条の会議員ネットが若者にアピール

 成人式の今日の午後、寒風の中、9条の会・千葉地方議員ネット主催でJR津田沼駅で集団的自衛権行使容認の閣議決定に対するシール投票とチラシの配布、リレートークが行なわれた。
 今回は成人式を迎えた方や若い人にアピールするために行なわれたもので、多くの若者が足を止めてシール投票をしていただいた。

 IMG_1998.jpg

 IMG_1993.jpg

 IMG_1999.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 19:52| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

ノーベル平和賞、憲法9条が最有力候補に

 今日、ノーベル物理学賞が発表され、日本人科学者3名が受賞した。
 今週の10日にはノーベル平和賞が発表されるが、憲法9条を持ち続ける日本国民が最有力候補となっていると報道されている。

 10月4日のNHK NEWSwebの記事を紹介しよう

 「来週、ノーベル平和賞が発表されるのを前に、予想を行っているノルウェーの研究所は、ことしの受賞候補として戦争の放棄などをうたった憲法9条を持ち続ける日本国民など5つの候補を挙げました。
 これは毎年、平和賞の予想を行っているノルウェーの「オスロ平和研究所」が3日、発表したもので、女性が教育を受ける権利などを訴えているマララ・ユスフザイさんや、政権に批判的なロシアのメディアなど5つの受賞候補を挙げました。
 このうち、戦争の放棄などをうたった憲法9条を持ち続ける日本国民をことしの最有力候補に選んだとしています。
 理由について、オスロ平和研究所のハルプビケン所長は、NHKの取材に対し「ウクライナや東アジアなど各地で緊張が高まっている今こそ、日本の憲法9条の価値が国際的に認識されるべきだ」と話していて、紛争の予防を目指すノーベル平和賞の趣旨に立ち返る意味でもふさわしいとしています。ただ、研究所は過去10年間で40余りの候補を挙げていますが、予想が的中したのは2007年だけでした。
 憲法9条を巡っては、神奈川県の主婦らの呼びかけで、ノーベル平和賞の受賞に向けた署名活動が去年から始まり、趣旨に賛同した国内の大学教授らが、「戦争放棄の憲法9条を保持している日本国民」をノーベル平和賞の選考委員会に推薦していました。平和賞は10日、ノルウェーの首都オスロで発表されます。」

 大いに期待したい。「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会では署名の拡散をお願いしている。まだ間に合うインターネット署名、当ブログ読者の皆さんにもぜひご協力をお願いします。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 20:29| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

憲法9条にノーベル平和賞を

 昨日の朝日新聞朝刊に「憲法9条にノーベル平和賞を」との意見広告が掲載された。
 意見広告によれば、神奈川県の主婦・鷹巣直美さんがノーベル賞選考委員会に「憲法を9条を保持し続けた『日本国民』を受賞者に」と提案したことに対し、ノーベル賞選考委員会がこれを受け取りノーベル平和賞にノミネートされたとのことです。受賞者の名前は10月10日発表です。
 また、意見広告は「憲法9条は人類が生き抜くための指標です。世界中でノーベル平和賞受賞運動が広がれば、平和憲法を守る力が飛躍的に大きくなるり、日本の9条が世界の9条となり数年後にノーベル平和賞が授与されるのも決して夢ではありません」と述べ「9条にノーベル平和賞を」の署名運動を広げることを訴えています。
 私も遅くなりましたが、ネット署名に協力しました。皆さんにもネット署名を呼びかけます。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 20:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする