2021年01月12日

ワクチン接種事業補正予算の専決処分

 船橋市は今日、新型コロナウイルスワクチン接種事業に関する補正予算を専決処分しました。
 ワクチン接種について、国は今年前半までに全ての国民にワクチンを提供できる数量の確保を図るとしており、ワクチンが薬事承認された場合に速やかに接種を実施できるよう準備をするものです。
 国の説明によると2月下旬から医療従事者への接種が始まり、住民を対象とした接種は3月より高齢者から始めることが示されました。
 これらを受けて船橋市として、令和2年度に予算措置が必要なもの、具体的にはワクチン接種に関する相談や案内を行うコールセンターの運営業務、ワクチン接種券の発送業務、接種可能な医療機関の調整などを行うため総額1億4,165万円の補正予算を先決処分したものです。
 今日の新たな感染者は43人で、市内の学習塾で今日まで10名の感染者が確認され、クラスターが発生したと認定されました。

posted by 浦田秀夫 at 18:46| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。