2021年01月06日

市長に緊急事態宣言発出に伴う緊急要望を提出

 船橋市保健所及び医療機関等の検査により、新たに新型コロナウイルス感染症と判断され た方は52人(うち船橋市民40人)です。千葉県でも過去最多の311人が確認されました。
 感染拡大が続く中、市民民主連合として「新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言発出に伴う緊急要望書」を松戸徹市長に提出しました。
 要望書の主な内容は、クラスターが発生している市立医療センターなど医療機関への支援、病床の確保、救急救命センターの機能確保。介護・医療施設での定期検査や一斉検査など検査体制の強化、保健所の体制強化。市独自の「テナント賃料助成金」の再度の実施や飲食店の営業短縮に伴う協力金は前年同月と比べた売上金額の差額を補填するよう県に要望すること。療養先の空きベット数や医療機関の逼迫状況について市民にわかりやすく公表することなどです。

  13333922201816.jpg
posted by 浦田秀夫 at 17:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。