2020年08月19日

定例の総務委員会

 今日は、定例の総務委員会が開かれ、市から窓口サービスアンケート結果や市の財務書類の報告があり、委員会として公文書管理に関し改善の検討を求める決議について協議しました。
 窓口サービスアンケートは、2月に市の窓口を利用した市民に職員の対応や窓口環境についてどのように感じたかのをアンケート調査を実施したもので、2.717人から回答があり、満足が85.8%やや満足が6.7%で合わせて92.5%、不満が0%やや不満が0.2%と市民の満足度が高いことがわかりました。しかし、部署によってアンケートの回答数が大きく異ななっていることや部署別の分析ができていないことなどを指摘しました。
 財務書類については、平成30年度決算の財務書類、貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書の財務4表についての説明がありました。
 公文書管理に関し改善の検討を求める決議は、市の公文書管理の現状は公文書管理法の趣旨から見て改善すべき点が少なからず存在するとして、10項目に渡り改善を検討することを求めるもので、各会派での議論を深め、第3回定例会の会期中に総務員会として全会一致で決議を目指そうとするものです。
posted by 浦田秀夫 at 20:34| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。