2020年04月28日

ホテルを利用した軽症・無症状者の受け入れ

 市は、ホテルを利用した軽症・無症状者の受け入れについて明らかにしました。
 受け入れ開始は4月30日からで、受け入れ場所は、船橋第1ホテル(船橋市湊町2-15-18)。
 受け入れ可能人数は約100人でゾーニングは、船橋医師会、自衛隊医務官の指導を受け実施済み。
 受け入れ対象者は、病院での治療が不可欠でない入院中または自宅待機の軽症者 ・PCR検査で陽性と確認された人の内、医師が入院治療の対象とならない症状と判断した軽症者。
 受け入れ態勢 ・医師(24時間オンコール) ・看護師または保健師が24時間常駐 ・市職員が9名がローテーションで24時間常駐。

 市は現在、医療センターなど7医療機関で感染者の受け入れを続けているが、入院先が確保されず自宅待機の人が増え続けているとした上で、国は軽症・無症状者についてホテルなどの宿泊施設の利用だけでなく、自宅療養を選択肢の一つとしてきたが、これは同居家族の感染リスクを増大させることに繋がり、感染を拡大する要因になることから、家族とは異なる場所で医療を受けるべきと述べています。

 また、市は市立学校の一斉臨時休業の期間を5月31日まで延長することも明らかにしました。
 本日、市内での新たに感染者は確認されませんでした。
posted by 浦田秀夫 at 16:52| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。