2020年04月24日

市民からの要望、ご意見に対する回答

市民の皆さんからご意見やご質問をたくさんいただいていますが、市から回答があったものをご紹介します。

 市民が運動する場所として、公園の密の状態を緩和 するためにも校庭を開放して欲しい。
 市から、緊急事態宣言公示後、千葉県より学校施 設の使用停止が要請されていることから、 校庭を開放することはいたしませんとの回答がありました。

 10万円の定額給付金支給前に、世帯分離の希望が市役所窓口に来ているとのことです。船橋市の状況や世帯分離の条件などについて教えてほしい。以下市の回答です。
■船橋市の世帯分離数:
令和2年1月(1/1-1/31): 109件
令和2年2月(2/1-2-29): 104件
令和2年3月(3/1-3/31): 112件
令和2年4月(4/1-4/23): 203件
■世帯分離の条件:
・世帯は「居住と生計を共にする社会生活上の単位」ですので、世帯分離の際の条件としては 「それぞれの 生計が別々であるか」を基準として判断しています。
・基本的には世帯員からの申出により行います。
・申出の際は、経済的要素、社会通念上認められる者か個々に判断します。(夫婦は原則同 一世帯)

 ネットカフェ難民など緊急の宿泊施設を必要とする人に対し、県が用意したのは市原の消防学校です。船橋・市川などの東葛地域に同様の施設が必要だと思います。ぜひ船橋市への提案をお願いします。
 市から1週間以内を目処に検討中との回答がありました。

posted by 浦田秀夫 at 23:20| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。