2018年07月25日

幸福実感都市あらかわを視察

 昨日、荒川区に視察に伺いましたが、その報告です。
 荒川区の究極の目標は、区民の皆さんが幸せだと感じられることで、子どもから高齢者まで誰ももが幸せを実感できるまち、「幸福実感都市あらかわ」の実現をめざしています。
 区民の皆様の悩みや願いを受け止め、その声にこたえていくことは区民の皆様に身近な自治体だからこそできるとのことです。
 何を「幸せ」と感じるかは人それぞれですが、区民の皆様がどれだけ幸せを感じているのかを調べ、幸せでないと感じる点があればどのようなところで感じるのか原因を探し、課題の解決に向けた方法を検討することができるとのことです。
 健康・福祉、子育て・教育、産業、環境、文化、安全・安心の6つの分野で指標を設け、それらを束ねるものとして「幸福実感度」という指標を設けています。
 これらの指標を用いてアンケート調査を行い、その結果を分析して区民の皆様が今よりもっと幸福を感じられるようになるには何が必要か、政策の立案・改善などを行い、よりよい区民サービスを実現していくことに役立てているとのことです。
 荒川区自治総合研究所では、こうした荒川区民総幸福度の指標を作成し調査を行い、政策提言を行っています。

 私たちの視察に西川太一郎区長自らその思いを語っていただきました。荒川区では「区政の目標が」明確です。この目標は、西川区長をはじめ職員一人一人に浸透しています。翻って「船橋市政の目標は」と聞かれた時、即座に明確に答えられる方(市長、職員、議員)がどれほどいるのか考えさせられた視察でした

  IMG_2999 (1).jpg

  IMG_3001 (1).jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ



posted by 浦田秀夫 at 11:16| 千葉 🌁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。