2018年06月26日

学校のブロック塀、安全点検結果報告

 6月18日に発生した大阪北部地震で小学校のプールのブロック塀が倒壊し、4年生の女の子が亡くなられたことなどを受け、市は市内の83校の小学校、中学校、特別支援学校において安全点検を行いました。
 その結果、道路に面してブロック塀が設置してある学校は6校あり、鉄筋が入っていることは確認できたものの、老朽化が進んでいることから、夏休みに撤去改修する旨の報告がありました。
 6月21日の予算決算総括質問の冒頭、学校施設内や通学路に危険なブロック塀がないか緊急点検を要望しました。今回の報告には通学路の安全点検が含まれていません。まだ調査中とは思いますが、引き続き調査を求めていきたいと思います。

 市は、道路に面し地震時に倒壊するおそれのある危険なコンクリートブロック塀などを撤去する際の補助制度を設けています。高さが1mを超え、危険と判断されたブロック塀の撤去費用で、1m当たり1万円で限度額は10万円となっています。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。