2018年03月12日

NET119緊急通報システム導入

 予算決算委員会総務分科会で2日目の質疑が行われた。
 消防費の新規事業として、NET119緊急通報システム整備委託料と運用費用2,268,000円が予算化された。
 NTT119緊急通報システムは、聴覚や言語に障害のある方がスマートフォンや携帯電話のインターネット機能を利用して迅速かつ容易に119番通報が行うことができる。
 救急車の要請なのか火災であるのか、自宅からの通報であるのか外出先からの通報であるのか画面をタッチするだけ通報でき、外出先の場合はGPS機能で指令センターの地図上に場所を提供でき、チャット機能を利用して通報者と指令員が相互に通信ができるものである。
 消防庁は2020年の東京オリンピックまでに全国の消防本部で当該システムを整備する方針だ。
 利用するためには登録する必要があるが、市内にいる約300名の対象者に周知することが課題だ。

  net119_feature2.png

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:38| 千葉 ☀| Comment(1) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見しました。
船橋市でも使えるようになるのですね、いつから使えるのでしょうか?

Posted by 33 at 2018年04月02日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。