2017年11月29日

今日から一般質問が始まる

 今日から一般質問が始まった。市民共生の会のうめない幹雄議員など6人が質問に立った。
 市は、家庭系可燃ごみの収集回数を週3回から2回に見直すことを平成30年10月1日から実施することを明らかにしている。
 市は、収集回数を見直すことでごみの減量及び資源化に対する市民意識の高まりや環境負荷の低減といった効果があるとしている。
 今日の質問では、市が行った町会自治会などを対象にした意見交換会や消費者生活モニターのアンケーートでは賛成が多数だが、一番影響受ける若い30代では反対が多数で、こうした市の意見が反映されていないこと。
 事業系ごみは有料にもかかわらず、家庭系ごみとして出している事業者が6割を超えていることなどが指摘された。
 こうしたことを放置して、収集回数の見直の実施や家庭系ごみの有料化を検討することは市民からの理解が得られるとは到底思えない。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 16:17| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。