2017年11月02日

岐阜市の多文化共生推進計画を視察

 昨日は、総務委員会として岐阜市の多文化共生推進計画「たぶんかマスタープラン」と活動の拠点である多文化交流プラザを視察した。
多文化共生推進計画では、外国人市民を単に支援の対象にするのではなく、ともにまちづくりを担うパートナーとして位置付け「誰もが互いに多様性を理解しあい、ともに新たな魅力を創造するまちをめざして」を基本理念としている。
 多文化交流プラザでは、多言語による外国人市民のために生活相談窓口を開設し、外国や日本の文化体験、日本語講座などを行っている。
 総務員会の視察目的ではなかったが、多文化交流プラザと複合施設となっているみんなの森(中央図書館)も合わせて視察させていただいた。中央図書館は平成26年に市の直営で開館したもので、森の中に(公園の中に)図書館があるというイメージでとても素晴らしい図書館であった。(写真下)

 IMG_1700.jpg

 IMG_1697.JPG

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 06:59| 千葉 🌁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。