2017年10月31日

ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラム

 昨日、ベンチャープラザ船橋設立10周年フォーラムが市内のホテルで開かれた。
 ベンチャープラザ船橋は、新たな事業展開を図ろうとする個人やベンチャー企業、中小企業の方、自分の研究成果や技術をもとに起業目指す方などを対象に、研究室やオフィイスを提供するもので、その家賃の一部を船橋市が補助している。また、中小企業基盤整備機構などによる技術・経営相談などの支援が行われている。
 現在、28社が入居し、これまで30社がベンチャープラザを卒業している。
 フォーラムでは、松竹株式会社取締役副社長細田光人氏による「型があっての型破り」ーベンチャーのコラボによる伝統の継承と革新ーと題する基調講演が行われた。
 10周年活動報告として株式会社マイクロテック・ニチオンや株式会社Eプランから報告があった。
 第2部の交流会では、入居企業の紹介があったが、各企業とも大変なご苦労の中で、それぞれの研究成果や技術をもとに起業したり、新たな事業展開していることに敬意を表したい。

  IMG_1689.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。