2017年07月18日

反核平和の火リレーinふなばし

 核兵器廃絶をめざして、毎年行われている反核平和の火リレーが船橋市に到着し、市役所玄関で、市に対し平和宣言に基づく平和施策の推進などを求める要望書を手渡した。
 会派、市民共生の会を代表して私と池沢議員が参加し連帯の挨拶を行った。
 今年は7月7日に「核兵器禁止条約」が国連の会議で122ケ国の賛成で採択された。同条約は、核兵器の製造や実験、保有、配備、使用と威嚇、移転などが、人道主義、国際法に違反するとして禁止した。
 しかし、唯一の被爆国である日本は「核兵器禁止条約」の交渉会議に参加しなかった。被爆者を始めとする世界中の核兵器廃絶を求める人々に対する背信行為であり、許されないことである。
 核兵器禁止、廃止は世界の大きな流れであり、私たちも粘り強く日本政府に対し、同条約に参加することを求めていこうと訴えた。

 DSC_1056 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 22:13| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。