2017年05月29日

高根台団地自治会第60回総会

 昨日、高根台団地自治会第60回定期総会に招待され出席した。
 高根台団地は、建て替えによってすっかり住環境が変わってしまった。新しく建て替えられた棟がある一方で、老朽化が進む建て替え対象とならなかった棟。民間に払い下げられた余剰地にはマンションや一戸建て、大型ショッピングの出店、大病院や高齢者施設も建設された。
 変わったのは住環境でだけでなく、家賃改定(値上げ)のルールも変わり、これまでの3年毎の一斉値上げから、契約日から2年を経過した住宅毎に家賃を引き上げる方式に変更された。
 また、URは「UR賃貸住宅のストック再生・再編方針」により、収益本位の団地削減、統廃合を目指している。
 こうした中、自治会は「住まいと暮らしを守る砦」として「住まいは人権・住まいは福祉」をスローガンに活動を展開している。これからも住民が安心して住み続けられる公団住宅をめざして頑張って活動してほしい。

  DSC_0990 (1).jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 08:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 地域のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。