2017年05月03日

岸井成格さん講演会

 5月3日憲法記念日の今日、松戸市内で、TBSテレビ「サンデーモーニング」のコメンテーターの岸井成格(きしいしげただ)さん講演会が行われた。
 主催は2017年憲法記念日の集い実行員会で、会場の松戸市民会館は1200名の市民で埋め尽くされた。
 岸井さんは、保守本流の政治記者だが、政治はもちろん、経済・社会から世界の動向まで、鋭い視点で切り取り、時代の深層をえぐり出す力、それを明快な分析と分かりやすくテレビで伝えることができるジャーナリストとして評価されている。
 講演では、安保法制や共謀罪など憲法の危機、報道の自由の危機的な状況について具体的に述べた上で、ジャーナリズムの役割について「古今東西、権力は必ず腐敗し、時に暴走してきた。これにストップをかけるのがメデイア、とりわけジャーナリストです」と述べた。
 安保法制が米国の要請であったことを暴露した2015年のアミテージ元・米国務長官へのインタビューや「安保法案廃止に向けてメディアは声を上げ続けるべきだ」と発言したことによる「NEWS23」の降板劇など生々しいい話を聞くことができた。
 1944年生まれの岸井さん、体調が十分とは言えない中、迫力に満ちた講演で参加者に大きな感動を与えた。

 IMG_3411.jpg


政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:55| 千葉 | Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。