2017年04月13日

保育所待機児童379人

 市が平成29年4月1日の保育所の待機児童数は市の基準で379人(暫定値)であることを明らかにした。
 28年4月1日現在が531人で改善されたとは言え、待機児童の解消にには至っていない。
 市は29年度666人の定員増を図る予算を組んでいるが、今後の需要増を考えれば待機児童は解消されない。
 市長は、第1回定例会で私の質問に対し「1日も早く待機児童を解消する考えに変わりはない。4月の待機児童数を見て、追加できる定員枠の拡大があれば補正予算で対応したい」と答弁している。
 市長にはぜひ、補正予算を組んで対応していただきたいが、それには6月18日投票の市長選挙で再選される必要がある。待機児童対策は、市長選挙の大きな争点の1でもある。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。