2017年04月08日

市配布物の多さに碧壁、町会・自治会

 町会に対し、平成29年度に市から送付・依頼を予定しているものの一覧表が届いた。
 普段から市や公共団体からの配布物や回覧物の依頼の多さにどこの町会・自治会も碧壁しているが、市からは年間で48件、様々な補助金の申請書類や全戸配布、回覧などの配布物だ。
 この他にも、自治連協、市社会福祉協議会、地区社会福祉協議会、公民館だより、交番だより、地区連などもう本当に大変です。
 どこの町会・自治会も高齢化の進行で役員のなり手がいないという悩みを抱えているが、こうしたことに拍車をかけている。
 地元の地区社協や公民館、交番、地区連からのものは仕方ないとしても、市全体のものは、市広報やホームページへの掲載、全戸配布が必要なものは新聞折込をするなど、町会・自治会の負担を軽減すべきだ。
 また、市からの町会・自治会の補助金は一世帯当り370円、この内50円が自治連協会費として差し引かれ実際の補助金額は320円。本来市が直接やるべき仕事を代行している訳だからそれに見合った補助額にすべきだ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:46| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。