2017年03月16日

海老川上流まちづくり調査研究特別委員会

 今日午前中、海老川上流まちづくり調査特別委員会が開催された。
 市からは2月から3月にかけて行った地権者を対象とした2回目の説明会の報告があった。
 説明会で中で出された「事業化までに、住宅や墓地といった虫食いの開発が進んでいってしまうことについて、止めるルールは考えらないか」という質問に対し、市は「本地区は市街化を 抑制する区域として規制がかかっているが、現行制度上、これ以上の規制は難しい」と回答している。
 市街化調整区域でも、市街化区域に隣接している地域ではほとんど規制がないと同様で市内各地で宅地開発が進んでいる。
 これに対し、委員から「市は難しいと回答しているが、市の条例によって規制は可能ではないか」との質問が出されたが、建設局長は「市全体の市街化調整区域について、規制を検討することはあっても、この地域に限定して規制することは難しい」旨の答弁をした。
 市全体の規制は、開発業者の反対もあって難しいと思うが、この地域に限定し規制することの方が反対も少なく可能ではないか。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 12:55| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。