2017年03月13日

一般廃棄物処理基本計画

 今日開催された市民環境経済員会で、船橋市一般廃棄物処理基本計画が報告された。
 同計画は、循環型社会実現にむけたステップアップと称し、今後10年間のごみの減量、資源化の基本方針を定めるものだ。
 今回の基本計画の特徴は、これまでの市のごみ処理の政策を大きく変更するものとなっている。
 その一つが、家庭系可燃ごみの収集回数を週3回から週2回への削減、二つ目が家庭系ごみの有料化、三つ目が家庭ごみ収集の民間委託の促進だ。
 船橋市が平成28年6月に実施したアンケートによると収集回数の削減に反対が52.5%で賛成の38.3%を上回っている。また、アンケートでは家庭ごみの有料化を望まない意見が多く、理由として、不法投棄や経済的負担の増加が挙げられている。
 ごみ収集の民間委託率は53.3%で、北部清掃工場へ搬入するごみは市直営で、南部清掃工場への搬入は夜間収集で民間委託されている。夜間収集や清掃車の運転マナーなどについて市民から苦情が寄せられている。
 船橋市は、これまでこうした施策をとらずごみの減量化、資源化を進めてきており、市民一人当たりのごみ処理費用は平成26年度で12,500円で、全国平均の15,200円を大きく下回っている。
 収集回数の見直しと収集業務の民間委託化は5年以内に、ごみの有料化は10年以内に行うとしているが、市民の理解なくしてこれらの施策の変更は不可能だ。
 6月に行われる市長選挙の争点の1つに浮上する可能性は大だ。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 16:28| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。