2016年03月26日

県オンブズ、水野賢一氏を刑事告発

 旧みんなの党の解散直前に、国に返還すべき政党交付金を別の政治団体に横流ししたなどとして、県市民オンブズマン連絡会議は24日、水野賢一参議院議員とその秘書を業務上横領などの疑いで告発しました。

 旧みんなの党は2014年11月28日に解散しましたが、告発状などによりますと、その7日前の21日に、みんなの党の本部から水野氏が代表を務める当時の党県総支部などに計約2727万円の政党交付金が振り込まれていました。

 そして、党が解散する2日前の26日に、みんなの党の元県議の後援会に1153万円が寄付されたほか、解散当日の28日には、水野氏が代表を務める政治団体に1700万円が寄付されていました。

 県市民オンブズマン連絡会議は、「政党が解散したならば政党交付金は国に返還すべきだ」として、水野氏らの行為は業務上横領などに当たると主張しています。

 一方、水野賢一氏の事務所関係者は、「政党交付金は法に基づいて適正に処理している」と述べ、違法性はないとの認識を示しています。(千葉テレビニュースより転載)


政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 10:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。