2015年05月18日

大阪都構想、僅差で挫折

 昨日行なわれた橋下徹大阪市長、大阪維新の会が掲げた「大阪都構想」の是非を占う住民投票は、1万票の僅差で反対が多数を占めた。
 これによって「大阪都構想」は廃案となり、橋下徹大阪市長は政界引退を明らかにした。
 賛成、反対の激しい運動が展開され、事前の世論調査では反対がやや優勢であったが、マスコミは橋下氏を中心に報道し、陣営も大量の資金を導入してテレビで宣伝し、終盤は橋本氏が「退路を断つ」戦術で挽回を図り、投票日には全国から地方議員や国会議員の秘書など1000人を動員して、365カ所の投票所で橋本氏の「ラストメッセージ」を配布した。
 何よりも安倍政権が陰ながら応援するという状況の中で最後まで大接戦となったが、最後は大阪市民の良識が示された。
 住民投票は、公職の選挙と違って運動に関する規制がなく、戸別訪問、ポスター、のぼり、チラシの配布、投票当日の運動もできるとあって、住民の関心の高さとも相まって投票率は66.3%で、大阪市議会選挙の投票率を18%も上回った。
 先の統一地方選では投票率の低下が目立ったが、選挙運動の自由化をもっと図る必要がある。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 19:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。