2015年05月15日

「戦争法制」国会提出に抗議

 安倍政権は、昨日閣議決定した新たな「安全保障法制」として「国際平和支援法案」と「平和安全法整備法案」を今日国会に提出した。
 戦争中の他国軍を後方支援するため、いつでも自衛隊を海外派遣できる「恒久法」と集団的自衛権の行使を可能にする武力攻撃事態改正案など10本だ。
 歴代の自民党政権は、「集団的自衛権の行使は認めず、海外での武力行使をしない」ということで、自衛隊は、憲法9条にある戦力ではないという立場を守ってきた。
 今回の法案はこうした立場を捨て、自衛隊をアメリカの要請に応える形で海外に出し、武力行使、戦争のできる自衛隊にしようとするものだ。まさに「戦争法制」と呼ぶべきもので戦後日本の大きな方針転換だ。
 自治体議員立憲ネットワーク千葉県は、今日法案の提出に抗議し、撤回と廃案を求める声明を発表した。立憲ネット2015年5月声明文.pdf

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:34| 千葉 | Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。