2014年09月30日

憲法9条にノーベル平和賞を

 昨日の朝日新聞朝刊に「憲法9条にノーベル平和賞を」との意見広告が掲載された。
 意見広告によれば、神奈川県の主婦・鷹巣直美さんがノーベル賞選考委員会に「憲法を9条を保持し続けた『日本国民』を受賞者に」と提案したことに対し、ノーベル賞選考委員会がこれを受け取りノーベル平和賞にノミネートされたとのことです。受賞者の名前は10月10日発表です。
 また、意見広告は「憲法9条は人類が生き抜くための指標です。世界中でノーベル平和賞受賞運動が広がれば、平和憲法を守る力が飛躍的に大きくなるり、日本の9条が世界の9条となり数年後にノーベル平和賞が授与されるのも決して夢ではありません」と述べ「9条にノーベル平和賞を」の署名運動を広げることを訴えています。
 私も遅くなりましたが、ネット署名に協力しました。皆さんにもネット署名を呼びかけます。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 20:55| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。