2014年05月25日

桜井南相馬市長のお話を伺った

 今日は、午前中に清和町会の役員会と通信の地域配布、午後からは高根台団地自治会の総会と鎌ヶ谷市選出の藤代政夫県議の県政報告会と懇親会に参加。
 高根台団地自治会の片田会長から「この前の集会(4月19日の田中優子さん講演会)よかったですねー」と声をかけられた。「はい、講演会の内容も良かったですが、超党派で開催したのもよかったと思います」と返答。「そうでしたね、あーゆう集会をどんどんやる必要がありますねー」と片田会長、「えーやりましょう」と私。

 藤代政夫県議の県政報告会には、ゲストとして南相馬市の桜井市長がお見えになり、津波や原発事故直後の様子、だれも責任をとらないこの国のありよう、市長自らの判断、決断で対応してきたこと。そして今、子どもたちの中に「自分たちの南相馬を自分たちで復興しよう」という思いが高まっていることなどがお話しされた。
 藤代政夫県議からは、市民自治・地方分権の街づくりという観点からこの1年間取り組んできた県政、市政に関する報告が行われた。

  高根台団地自治会総会、あいさつする片田会長

IMG_1657.jpg

 藤代政夫県政報告会、桜井南相馬市長と藤代県議(右)

 IMG_1659.jpg

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 18:26| 千葉 | Comment(0) | 日々の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。