2014年04月03日

渡辺代表は潔く辞任すべきだ。

 今日の新聞報道によれば、みんなの党の渡辺喜美代表の多額借り入れ問題で、2012年衆院選の前に5億円を貸した化粧品大手ディーエッチシーの吉田会長が、その後10日後、「お礼と供託金支払いを終えた」などとする渡辺代表のメールを受け取っていたことがわかったと報道された。
 だれが見ても5億円が供託金の支払いを始め選挙費用に充てられたと見るのが自然だ。借入金を選挙費用に充てながら選挙運動費用報告書に記載がなければ公職選挙法違反となる。
 それも大きな罪ではあるが、みんなの党は「企業・団体」から政治資金を受け取らない「しがらみのない政党」を売りにしてきた。一企業の会長からの借入金とはしているが、8億円もの資金提供を受けては、その売りも嘘であったことは明々白々だ。これは詐欺罪でもっと罪は重いはずだ。多くの有権者がそのことを信じて少なからぬ票をみんなの党に投じた訳だから、渡辺代表は代表はもちろん国会議員も辞職すべきだ。
 渡辺代表だけでなく「しがらみのない政党」を売りにしてみんなの党で当選した国会議員、地方議員もその罪は免れない。渡辺代表から選挙資金を受け取ったことを告白し、真実を明らかにして潔く辞任する議員が一人も出てこないところにこの党の行く末が見えてくる。みんなの党から分かれた結いの党の国会議員や地方議員がこの問題に頬被りしているのはどういう訳だ。

 船橋市議会の会派「みんなの党」が「みんなの党・無所属の会」となったとの報告があった。
 今回の事件で3人の議員の内、誰かが離党したらしい。3年前の市議会選挙では新人4人が上位当選したが、すでに高橋議員が結いの党(会派は無所属)に入り、今回の離党でみんなの党所属議員は2人となった。
 選挙に利用する価値がないと見るとせっせと無所属になったり他の党に移ったりする議員を昔からたくさん見てきたが、有権者はそんなに甘くないことがやがて判るであろう。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 21:19| 千葉 ☔| Comment(0) | 国政・マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。