2014年02月10日

都知事選挙「脱原発」大きなうねりにならず

 東京都知事選挙は舛添氏が他の候補に大差をつけて当選した。脱原発候補が宇都宮氏と細川氏に別れ、市民グループの努力に関わらず候補者の一本化が実現できなかったことから脱原発は大きなうねりにならなかった。また、舛添氏も「脱原発」を表明し争点化を避け、脱原発を求める有権者からも一定の支持を獲得した。 
 それでも選挙結果は、舛添氏が211万票、宇都宮氏と細川氏合わせて194万票、候補者を一本化していれば、脱原発が大きなうねりとなって十分勝機があったと言える。
 脱原発を求める有権者はなお、多数派だ。しかし、この選挙結果を受けて安倍政権は何事もなかったかのように原発再稼働を進めることになるであろう。諦めず、粘り強く闘うしかない。

 昨日は自宅の今日は事務所の雪かき、日に焼けて顔はヒリヒリ、普段使わない腰や腕の筋肉痛に悲鳴を上げた。
 夜は、千葉県弁護士会京葉支部賀詞交換会に参加。京葉地域(船橋市、市川市、浦安市)に地方裁判所や家庭裁判所の支部設置を求め活動している京葉支部所属の弁護士の先生方と懇親を深めた。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 09:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 脱原発・自然エネルギ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。