2013年11月13日

原発「即ゼロ」方針を首相に迫る

 小泉純一郎元首相が昨日、日本記者クラブで会見し、安倍首相に対し原発「即ゼロ」の方針を決断するように迫った。
 会見の中で小泉元首相は「読売新聞に小泉原発ゼロ発言を批判する記事があった。ゼロにした後どういう代案があるのか。原発ゼロをという方針を政治が出せば、必ず知恵のある人がいい案を出してくれるというのが私の考えだ。国会議員だけでなく専門家の知恵を借りれば、想像できないような代替エネルギーが確保できるのではないか。
 原発推進論者は、核のごみの処分は技術的に決着している、問題は処分場が見つからないことだと言う。ここからが私と違う。必要論者はメドをつけるのが政治の責任ではないかという。私の結論はこれから日本で核のごみの最終処分場のメドをつけられると思う方が楽観的で無責任すぎる」と小泉原発ゼロ発言批判に反論した。
 これまで、多くの専門家や政治家が脱原発を主張し発言してきたが、これほどインパクトの強い発言はなかった。今、ややもすると何もなかったかのように、事故と被災者を忘れたかのように原発の再稼働にむけた動きが進んでいる。
 小泉元首相の発言が、脱原発への大きな世論形成の起爆剤になることを期待したい。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 13:05| 千葉 ☀| Comment(0) | 脱原発・自然エネルギ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。