2013年10月07日

馬込斎場「火葬受入件数増加計画」

 今日から通信99号の配付を開始した。早朝は高根公団駅で配付し、夕方は地域で配付した。

 今日は午後から4市複合事務組合議会の第2回定例会。4市複合事務組合は、船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、八千代市の4市が共同で馬込斎場と特別養護老人ホーム「三山園」の管理・運営を行なう組織だ。今日の定例会は、24年度決算の認定や監査委員選任の同意を求めるもので、両議案とも全会一致で認定又は同意された。
 
 議案審査後、組合から「馬込斎場暫定的火葬受入件数増加計画」の報告があった。
 馬込斎場は、年々増加する火葬需要が増加する中、現行の受入体制では27年度1月には火葬能力の限界を越える状態になる。
 4市複合事務組合は、平成31年10月の供用開始を目指して八千代市内に第2斎場の建設を進めているが、計画は、第2斎場完成までの間、需要の多くなる冬季に限って火葬受入件数を増加するというものだ。
 具体的には、平成27年と28年は1月に、平成29年と30年は1月〜2月に、平成31年は1月〜3月の間、最大火葬受入件数を現在の1日35件を40件に拡大。さらに平成29年12月〜30年2月までと平成30年12月〜31年2月までは、現在休業日になっている「友引日」に月に2日ないし4日間火葬を受入れるという計画だ。

 今でも馬込斎場周辺に住んでいる住民は、堪え難い迷惑を被っている。暫定的とは言えさらに迷惑を与えることになる。来月予定されている近隣住民への説明会には、4市複合事務組合管理者の船橋市長自らが出向き、丁重な協力のお願いをすべきだ。
 なお、第3回定例市議会では、近隣町会、自治会から「第2斎場建設促進を求める陳情」が出され全会一致で採択されている。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 21:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。