2013年09月30日

「空き家管理条例」が1日から施行

 「空き家等の適正管理に関する条例」が10月1日から施行される。近年長期にわたって利用されていない空き家が増加しているが、適正な管理が行なわれていないために、老朽化による倒壊や建築材の飛散、不審者の侵入や放火のおそれ、草木の繁茂などによって周辺住民に不安や迷惑を与えている。 
 市は、空き家が管理不全な状態になることを防止し、生活環境の保全や市民の安全に寄与するために「空き家管理条例」を制定した。
 条例では、まず空き家が管理不全な状態にあると認めるときは、市は所有者に対し適切な管理を行なうよう助言、指導を行なう。
 助言、指導にもかかわらず、所有者がこれに従わないときは勧告を行い、さらに勧告にも従わないときは命令し、命令に従わないときは住所や氏名などを公表する。
 命令を受けてもこれを履行しない場合は、代執行をすることができ、これに要した費用は命令を受けた者から徴収するというものだ。
 本条例が、管理不全な空き家問題の解消、解決に実効性あるものになることを期待したい。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

 
posted by 浦田秀夫 at 19:51| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。