2013年07月03日

子ども医療費助成、8月から中学生まで拡大

 市は、子ども医療費について、入通院とも8月1日から中学3年生まで助成を拡大する。これによって0歳児から中学生までの子ども医療費の助成が実現することになる。

 県内の医療機関で受診する場合は、窓口で子ども医療費助成受給券を提示し、自己負担金だけを支払う。県外の医療機関の場合は、窓口で一旦全額(健康保健負担分を除き)支払い、後から市に申請し助成を受けることになる。
 自己負担金は、通院1回、入院1日につき200円が300円に引き上げられたが、市民税非課税世帯や均等割のみ世帯は、自己負担金が無料。

 ども医療費の中学生までの助成拡大は、議会に陳情が提出されるなど、子育て世代からの強い要望があり、私も議会で再三取り上げその 実現に努めてきたものだ。
 今回これが実現されることは高く評価するが、都内23区や県内の12自治体では自己負担金をなくし完全無料化を実施している。今後は完全無料化を実現するために取り組んでいきたい。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 11:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。