2013年05月03日

憲法記念日、田中優子さんの講演会

 日本国憲法施行から66年目を迎えた憲法記念日、自民党が夏の参議院選挙で憲法96条改正を争点に掲げようとしている中、全国各地で護憲、改憲派それぞれの集会や催し物が開催され、テレビや新聞などでも各党の憲法に関する論争が展開された。 
 松戸市で開かれた「松戸憲法記念日の集い」は、会場の松戸市市民会館ホール(定員1200名)が満杯になる盛況であった。
 集いでは、法政大学社会学部長の田中優子さんが「広げよう!憲法9条 不戦の近い....脱原発を求め、沖縄の苦しみを見つめて」をテーマに講演し、自民党の憲法改正草案を厳しく批判した。
 江戸文学研究者である田中さんは、江戸時代の琉球国と日本や中国の関係にも触れながら、沖縄県には日本国憲法が生かさていないと指摘した。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 18:11| 千葉 ☀| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。