2013年04月10日

再稼働なしでも今夏の電力を確保

 経済産業省は9日、電力需要の検証小委員会で、沖縄を除く電力9社の今夏の電力が、原発をこれ以上再稼働しなくても不足しないとの見通しを示した。 
 消費者や企業の節電意識の定着や電力各社の火力発電の増強で、予想される夏場の最大需要を供給力が上回り、全国平均で6.3%の余力を確保し、近年でもっとも電力が使われた2010年夏並みの猛暑の最大需要を予想しても原発に依存しなくとも乗り切れる見通しだ。
 すぐにでも脱原発は可能であることを政府自ら認めたことになる。電力料金の値上げは消費者や企業にさらなる節電意識を高め、現在再稼働している大飯原発3.4号機を止めても十分可能だ。

政治ブログ人気ランキングに参加しています。記事を読んだ方はボタンをクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 17:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 脱原発・自然エネルギ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。