2012年01月26日

王女メディアの復讐劇

 今年からふなばし演劇鑑賞会に入会し、今日その最初の例会「王女メディア」を船橋文化ホールで鑑賞した。
 平幹二朗演じる王女メディアの野心のため自分と子供たちを捨てた夫への復讐劇である。
 王女メディアはギリシャ悲劇の代表作で、男優の平幹二朗が演じるメディアは強烈で人間の悲しみ怒り、嘆き、呪い、情念を猛々しき表現していた。
 会場はほぼ満員で終演後は観劇に感激した観衆の拍手が鳴り止まなかった。
 ふなばし演劇鑑賞会はよい演劇を身近で定期的のに観るために会員制で運営されており、年間6回船橋文化ホールを主な会場として演劇が行なわれている。入会金は2000円で会費は月1800円。
次回は4月にゴリーキー原作のどん底が市川市民文化会館で上演される。
 記事を読んだ方はボタンをクリックして下さい。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

posted by 浦田秀夫 at 23:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 演劇・映画・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。