2011年02月19日

元衆議院議員、木原実さんを偲ぶ会

 木原実さんが逝って1周年、木原実さんを偲ぶ会が船橋市内で行なわれた。木原実さんは1967年から1980年まで日本社会党千葉県1区選出の衆議院議員であった。1981年脳内出血で倒れ、その後30年の闘病生活を送り、昨年2月18日93才で他界した。
 木原実さんは戦前からの社会活動家で19才の時治安維持法違反で逮捕され、26才の時徴兵され、30才の時ソ満国境で敗戦を迎えている。この体験から形成された思想がが93才まで反戦・平和を貫くバックボーンであった。
 木原実さんは政治家、社会主義者であるとともに詩人であった。多くの詩集を出版し、倒れた後も詩を精力的に創作し同人誌「芸術と自由」に投稿している。
 木原実さんは千葉県1区が4区と分離した時に市川市から船橋市宮本に居を移し、当時日本社会党船橋総支部の書記をしていた私はそれまで雲の上の人であった木原実さんと直接知り合うことになった。
 木原実さんは私の母と同じ年齢、長男の誠さんは私と同年齢で習志野市立習志野高校の事務長。今年3月に退職するという。
 写真は木原実さんを人生の先輩と仰ぐ、伊藤茂元運輸大臣のあいさつ。

  19.jpg

 政治家ブログ人気ランキングに参加しています。お手数ですが記事を読んだ方はぜひボタンをクリックして下さい。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

  
posted by 浦田秀夫 at 21:18| 千葉 ☁| Comment(0) | 訃報・追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。