2010年11月21日

尼崎市長選挙、いなむら和美さんが当選

 兵庫県尼崎市長選は21日投開票され、新人の前県議・稲村和美氏(38)(無所属)が初当選した。女性市長としては全国22人目で、41歳で当選した伊東香織・岡山県倉敷市長(44)を抜いて、5歳の女の子を育てる全国最年少の「ママ市長」。尼崎市は、現職の白井文氏(50)から2代連続で女性市長となる全国初の自治体となる。

 当選を決めた稲村氏は「白井市政8年間が評価された結果。改革をもう一歩前に進めたい」と述べた。

 稲村氏は神戸大大学院法学研究科修了。1995年、阪神大震災を経験、被災者の救援活動に汗を流した。全国から集まった学生ボランティアらのリーダー役を務め、同年5月には学内にボランティアセンターを設立。被災者の生活再建が取り残される現実に「税金の使い道が間違っている」と憤り、尼崎市議が主宰する勉強会に参加したことが尼崎との出会いになり、政治家を志すきっかけになった。

 選挙戦は、専従スタッフが4人だけ。白井氏の後継候補として「今度も女性市長」をスローガンに掲げ、災ボランティア仲間や、保育所に通う長女(5)の友だちの母親、近畿の市民派議員らが、選挙はがきの発送から選挙カーの運転まで手伝い、選挙活動を担った。

 母親が保育所への送迎をしたり、夫が激励のために長女を事務所に連れてきたりと、家族も選挙をサポート。「ママ市長」になることについて、稲村さんは「仕事もしっかり向き合い、子どもとも向き合って、全力をかけて両立をがんばりたい」と話した。

(2010年11月21日23時38分  読売新聞) 稲村和美さんのブログhttp://www.inamura-kazumi.com/

家ブログ人気ランキングに参加しています。お手数ですが記事を読んだ方はぜひボタンをクリックして下さい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 23:56| 千葉 ☁| Comment(1) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人気のありそうな イケメン31歳男性元市議も 出馬していたので 心配でしたが 稲村さんが ご当選で 嬉しいです。
Posted by ふくろう at 2010年11月22日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。