2009年12月15日

普天間基地移設問題は海外移転以外に解決の方法はない

 鳩山内閣は15日、与党3党党首級による基本政策閣僚委員会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、3党で作業部会を作り、名護市辺野古沖に移設する現行計画も含め移設先を再検討していくことを決めた。移設先の年内決着は断念すると報道された。

 また、鳩山由紀夫首相は沖縄の米軍普天間基地の移設問題について「やはり辺野古ではない地域を模索する、できれば決めるという状況をなんとしてもつくり上げていきたい」と、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案ではなく、新たな移設先の模索に重点を置く考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。結論を出す時期は「数カ月の単位では必要」との見通しを示したとも報道されている。
 さらに、同基地を抱える宜野湾市の伊波洋一市長は「今回の決定ができたことは鳩山政権の真価だ」と述べ、政府方針を歓迎する意向を示した。「今後は新たな基地を建設しない方向で3党合意してほしい。市も新しい解決策を実現するよう働きかけていく」と述べたと報道された。
 米軍普天間基地の移設問題は、国外移転以外に解決の方法はない。
posted by 浦田秀夫 at 22:31| 千葉 ☁| Comment(0) | 憲法・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。