2009年10月07日

大型の台風18号が接近

 非常に勢力の強い台風18号が接近し、明日早朝近畿から東海方面に上陸する予想だ。コースが甚大な被害を出した50年前の伊勢湾台風と同じコースを辿っている。
 伊勢湾台風の記憶はいまでも鮮明に覚えている。小さな漁村で港の堤防がまだ、十分でなかったため、高台の壕(戦争中の防空壕)に避難をした。
 高台にある壕からは、沖合から港に向け大きな高波が押し寄せて来る様子がよく見え、今もその記憶がよみがえる。南房総地方では幸い大きな被害が発生しなかったが、愛知県では甚大な被害が発生した。
 今回の台風によって大きな被害が発生しないよう祈るばかりだ。こうした大きな自然災害のときいつも災害弱者と言われる高齢者や子ども、障害者などに大きな被害が生じる。災害時要援護名簿の作成と支援体制の確立はどこの自治体にとっても大きな課題だ。
 
posted by 浦田秀夫 at 23:09| Comment(0) | 日々の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。