2009年05月27日

「建物の高さ制限」制度について各市から視察

 今日は、2月から施行された船橋市の「建物の高さ制限」制度について、習志野市、鎌ヶ谷市、佐倉市、松戸市、柏市、野田市から8の議員が視察に訪れた。
 船橋市の「建物の高さ制限」制度導入は千葉県では初めてで、県内各市の議員から私に問合せや資料の請求などがあったので、今日まとめて視察にきてもらい市から説明を受けることにした。
 各市とも高層マンションの建設に伴う建築紛争が発生しており、「高さ制限」制度導入にむけて6月議会で質問をしたいとのことであった。
 制度の内容や制度導入に至った経過、背景などについて市の担当者から説明があった。
 各市の議員からは、都市計画決定の手続きやパブリックコメントで出された市民の意見とそれに対する市の見解、「どうしたら制度導入をすることができるのか」と言った質問が出された。
 私からは「市民の切なる要望や議会での質問を真摯に受け止め、色々経過はあったが、制度導入にむけた市の強い意思があったからできた」と制度導入にむけた市や市の担当職員の努力を評価した。
 
posted by 浦田秀夫 at 23:25| Comment(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。