2020年06月22日

緊急対策パーケージ第3弾

 6月25日に招集される臨時議会の会期は7月7日までとなりました。
臨時議会に諮られる補正予算の概要も明らかになりました。
 新型コロナウイルス感染症緊急対策第3弾として、医療体制の整備充実、生活支援や障害者・介護事業所への支援、市内事業者への支援が主な内容で予算額は約19億円です。
 患者受け入れ病床確保のために県の補助金16,000円に市として20,000円を上乗せし36,000円(1床当たり)を支援します。
 ひとり親世帯への臨時給付金は国の第2次補正予算で決まったもので、1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円。家計が急変し、収入が減少している世帯には5万円の追加支給があります。
 市独自の支援として、就学援助制度の対象世帯や同程度の収入で0才〜高校生のいる世帯などに1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円が支給されます。
 障害者・介護サービス事業所などに対し、サービスの提供を継続するために要する経費などを補助します。
 不安を抱える妊婦へのPCR検査を実施し、不安の解消を図ります。
 国の持続化給付金の要件を満たさない中小企業・個人事業主に最高50万円を支給します。
 この内、就学援助対象世帯等への臨時給付金の支給や患者受け入れ病床確保のための市独自の上乗せ、障害者・介護サービス事業所などへの支援は、第2回定例市議会で私の質問に対し答弁があったものです。


posted by 浦田秀夫 at 19:08| 千葉 ☔| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする