2020年05月08日

感染症用医療資材の備蓄を強化

 3月下旬に新型コロナウイルスの集団感染が発生した「北総育成園」に関する記事が、朝日新聞千葉版に3回に渡り掲載されました。
 今日の記事の中で、市は11年前の新型インフルエンザで市内の中学校で集団感染が起きたことを教訓に、医師会とも連携しながら感染症用医療資材の備蓄を強化していたことが、集団感染直後にサージカルマスクや手袋、防護服、ガウンの物資を現地に送るなど迅速な対応につながったと紹介されています。
 感染症用医療資材は、市内の医療機関にもいち早く配布されています。
 昨日、検査した17人中、新たに1名の感染者が今日確認されました。市内の感染者は119名です。
 今日のウオーキングは、8.4km、13.932歩です。

  IMG_5407.JPG
posted by 浦田秀夫 at 16:37| 千葉 ☀| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする