2020年04月21日

感染拡大を受け緊急対策

船橋市は今日、新型コロナウイルス感染症緊急対策を明らかにし、そのために必要な補正予算12億円を専決処分したとの報告がありました。
 市内の感染者は4月19日時点で91人となり、10日間で倍増していおり、今後のさらなる感染抑制が焦点になるとして、
1、感染拡大防止のため医療提供体制の整備・充実
・PCR検査外来(ドライブスルー方式)を新たに開設
・帰国者・接触外来医療機関への支援
・患者受け入れ病床の確保のための支援
2、安全・安心な生活を守るための支援
・住居確保給付金の拡大
・妊婦に布製マスクを配布
・家庭学習支援のための環境整備
3、市内経済維持のための事業者支援
・中小企業者等に対する賃料助成
・事業者向け助成金等の臨時窓口設置などの緊急対策を明らかにしました。
 さらに、軽症・無症状者のための宿泊施設の確保について近日中に医師会と合同で発表するとのことです。
 緊急対策の詳細については、こちらをご覧ください。
   緊急対策パッケージ(最終版).pdf
posted by 浦田秀夫 at 17:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする