2018年09月03日

振り込め対策費を即決

 第3回定例市議会が今日から10月10までの会期で始まりました。
 市長から電話による詐欺を未然に防止するために、振り込め詐欺対策電話機の購入費を補助する補正予算が提出されました。
 今年に入り市内で振り込め詐欺が多発し、7月末現在で127件(前年より41件増)で被害金額は2億4,728万円に達しています。
 6月29日に市は警察と連名で「非常事態宣言」を行い、今回の補正予算提出となりました。
 振り込め対策電話機は、通話内容を自動録音することをアナウスし、自動的に通話内容を録音する機能のついたもので購入費用の4分の3、1万円を限度に補助するものです。予算総額は500万円で500件分を想定しています。
 補正予算は議会の初日の今日、委員会付託を省略し、即決により全会一致で可決されました。

 この他に市長からは、29年度決算や塚田第2小学校・放課後ルーム工事請負契約締結議案などが提出されました。
 また、市民からは、政府に対して核兵器禁止条約の批准を求める意見書提出や東海第2原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書提出の陳情が出されました。

政治家ブログ人気ランキングに参加中。記事を読んだ方は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
posted by 浦田秀夫 at 16:47| 千葉 ☁| Comment(0) | 市政・議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする